« 2021年1月 | トップページ

2021年2月16日 (火)

CIVID-19 備忘録51 感染確認が減少している

 感染者数が減っていると書いているのは「ブルームバーグ」の以下の記事だ。一部を引用する。

インドでコロナ新規感染急減の謎-生活ほぼ正常化、商店にぎわう

「インド:1日当たりの感染者数は昨年9月に10万人近くでピークを付けてから、約90%減少。死者も同様のペースで減っており、今では1日当たり100人弱と、9月の1000人余りから急減した」。 Chris Kay、Vrishti Beniwal 2021/02/15 12:19

 それでJohns Hopkins Universityのサイトに当たってみた。そして作った表が「1日当たりの感染確認数」だ。

202021

 この減少は何によるのか。以下はNHKが配信した記事だ、一部を引用する。

ヨーロッパ29か国 ワクチン接種完了は人口の1.5% WHO

「WHO=世界保健機関は、ヨーロッパ地域の29か国で新型コロナウイルスのワクチンの接種が始まっているものの、接種が完了した人はこれらの国の人口の1.5%にとどまっているとして、引き続き感染対策を徹底する必要性を訴えました」。 2021212 633

 つまり21年に入ってからの減少はワクチンの効果ではない、ということだ。一人ひとりの行動がこの結果を生み出しているのだろうか。減少傾向が続くことを願っている。

| | コメント (0)

2021年2月11日 (木)

森から川淵へ、80過ぎのお爺さん。議論の圧殺のため?

 なぜだ。どうしてこんな年寄りにやらせるのだ。さらに言えば、男の年寄り、つまり爺さんを引っ張り出すのだろう。

 まともな議論を封殺するために、裏方が「権威」があると思っている人を引っ張り出しているのだろう。組織の長に「権威者」を置くことで、裏方のシナリオ通りに議事を進める魂胆なのだ。

 議論に時間がかかってもよいのだ。中身のある議論であれば。80過ぎの爺さんがグダグタ長広舌を繰り広げるから、会議は長引き、よりよい結論にたどり着けののではないのか。若くて、議論を活性化し、議論を深め、皆がを議論の結果として納得できる結論に導く人が必要だ。

| | コメント (0)

« 2021年1月 | トップページ