« COVID-19備忘録47 アホ内閣の対応は韓国のはるか後塵を拝していた、それを菅内閣は引き継ぐのか? | トップページ | COVID-19備忘録49 「緊急事態宣言」はやっていますというポーズ、アリバイ作り »

2020年11月11日 (水)

COVID-19備忘録48 1日当たりの感染確認数、日中韓比較:11日13時45分。税金を使って流行を促進している日本

 今日、11、東京の感染確認数は317となっている。300を超すのは8月20日以来という。以下は最近の感染確認数の日中韓比較だ。その前に、これまでの整理。以下、データはいずれもジョンズ・ホプキンス大学だ。

これまでの確認数 これまでの死者数
日本 110,475 1,840
中国 91,719 4,742
韓国 27,799 487

以下順番に、日本・中国・韓国の感染者確認数の推移(縦軸のメモリは国によって違っている)。中国が抑え込みに成功し1日当たりほぼゼロ、韓国も日本と比べればうまく押さえ込んでおり1日当たり50前後、日本は1,000を超えている。
1111japan 1111china

1111korea

 日本はこの状況で、税金を使って流行を拡大させている。

 

 

|

« COVID-19備忘録47 アホ内閣の対応は韓国のはるか後塵を拝していた、それを菅内閣は引き継ぐのか? | トップページ | COVID-19備忘録49 「緊急事態宣言」はやっていますというポーズ、アリバイ作り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« COVID-19備忘録47 アホ内閣の対応は韓国のはるか後塵を拝していた、それを菅内閣は引き継ぐのか? | トップページ | COVID-19備忘録49 「緊急事態宣言」はやっていますというポーズ、アリバイ作り »