« COVID-19備忘録46 PCR検査を徹底していたら今の流行はない?! | トップページ | COVID-19備忘録48 1日当たりの感染確認数、日中韓比較:11日13時45分。税金を使って流行を促進している日本 »

2020年9月20日 (日)

COVID-19備忘録47 アホ内閣の対応は韓国のはるか後塵を拝していた、それを菅内閣は引き継ぐのか?

 今日、9月20日、現在の日本と韓国、両国の患者数と死者数は次の通りだ。出典はJohns Hopkins Universityだ。

  日本:患者78,667 死者1,504   下の左側のグラフが日本の感染確認数の推移で、目盛りの一番上は80kで8万だ

  韓国:22,975              383    右側のグラフで、目盛りの上限は24kで2万4千だ。

 4月22日の段階の感染確認数および死者数は、日本が10,797人と236人、韓国は10,661人と234人だった。それが7月11日には日本は21,406人と982人となり、韓国は13,373人と288人だった。(COVID-19備忘録39 韓国と比べ日本の失敗は明白

 日本は4月から5月にかけて韓国に逆転され、その後差は開くばかりだ。

    日本                    韓国

Coronavirus-covid19-2019ncovkorea Coronavirus-covid19-2019ncovjapan

 日韓の大きな差は、PCR検査数だ。アホ前首相は逃亡に際し、現在10万件/日の検査数を春までには20万件/日、にすると表明した。この公約は実現できるのだろうか。

追記:書き終わってから20日の「神奈川新聞」に「PCR検査不備 英国民怒りの声 需要に追いつかず」という「共同通信」の記事が出ていた。「ジョンソン首相は10月末までに1日50万件の検査実施を目指すとしている」。20万件/日はとても低い目標なのだ。

|

« COVID-19備忘録46 PCR検査を徹底していたら今の流行はない?! | トップページ | COVID-19備忘録48 1日当たりの感染確認数、日中韓比較:11日13時45分。税金を使って流行を促進している日本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« COVID-19備忘録46 PCR検査を徹底していたら今の流行はない?! | トップページ | COVID-19備忘録48 1日当たりの感染確認数、日中韓比較:11日13時45分。税金を使って流行を促進している日本 »