« COVID-19備忘録43 感染が急速に拡大している、決断の時だ | トップページ | COVID-19備忘録45 PCR検査数上位の国々 »

2020年7月29日 (水)

COVID-19備忘録44 PCR検査数、絶望的な少なさ

 昨日、28日のBS-TBSの19時半からの番組で日本のPCR検査数が少ないことを取り上げていた。今日の「日刊ゲンダイ」がこの問題を取り上げている。

圧倒的に少ない日本のPCR検査件数「世界159位」を招いた厚労省と分科会の罪  7/29() 15:00配信

 以下がその記事の一部だ

 世界各国のコロナ関連の統計を集計している米ウェブサイト「worldometer」に、衝撃的なデータがある。感染者数や死亡者数、重症者数などを列挙しているのだが、注目すべきは100万人あたりの検査件数。ナント、日本は28日時点で、世界215の国・地域の中で159位なのだ。

 ちなみに、158位は東アフリカのウガンダ、160位は南アメリカのガイアナ。一方、感染爆発に見舞われた欧米諸国は、イギリス13位、ロシア15位、アメリカ21位、スペイン27位、イタリア35位、ドイツ43位。震源地となった中国も、世界1位の人口を誇るが、56位と“健闘”している。

 Worldometerのデータをいくつかの国の感染確認数と100万にあたりのPCR検査数を表にした。

PCR検査数(100万人あたり)

国名

感染確認数

検査数

国名

感染確認数

検査数

日本

30,961

5,902

英国

300,692

223,772

米国

4,498,343

168,520

仏国

183,804

45,681

露国

823,515

187,253

西国

327,690

142,835

韓国

14,251

30,178

伊国

246,488

109,740

印度

1,535,335

12,848

独国

207,951

88,525

中国

84,060

62,814

伯国

2,484,649

59,251

Last updated: July 29, 2020, 06:57 GMT

|

« COVID-19備忘録43 感染が急速に拡大している、決断の時だ | トップページ | COVID-19備忘録45 PCR検査数上位の国々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« COVID-19備忘録43 感染が急速に拡大している、決断の時だ | トップページ | COVID-19備忘録45 PCR検査数上位の国々 »