« COVID-19備忘録37 在日米軍の対応:東京23区はオフリミット | トップページ | COVID-19備忘録39 韓国と比べ日本の失敗は明白 »

2020年7月 5日 (日)

COVID-19備忘録38 政府は匙を投げたのか

 僕は6月27日、「今こそCOVID-19の専門家会議の助言が必要、無責任なアホ内閣が今以上無責任を繰り返さないために」を書いた。そのころ東京での市中感染の広がりを感じていたためだ。

 今日、5日、東京での感染確認は111人で、これで4日連続で100人を超えた。

 こうした流行拡大期にその助言が必要な専門家会議を、政府は6月24日に廃止した。それに代わる分科会、その初会合が明日、6日だという。この12日間の空白、政府のやる気のなさの表れだ。

|

« COVID-19備忘録37 在日米軍の対応:東京23区はオフリミット | トップページ | COVID-19備忘録39 韓国と比べ日本の失敗は明白 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« COVID-19備忘録37 在日米軍の対応:東京23区はオフリミット | トップページ | COVID-19備忘録39 韓国と比べ日本の失敗は明白 »