« IT後進国日本 | トップページ | 今こそCOVID-19の専門家会議の助言が必要、無責任なアホ内閣が今以上無責任を繰り返さないために »

2020年6月26日 (金)

COVID-19備忘録33 首都圏で市中感染が広がっている

 今日、26日の東京での感染確認は54人で、うち33人、率にして6割以上が感染経路不明だ。それをTV朝日はこう伝えている。とてもよい見出しだ。

東京で新規感染54人 6割以上が“経路不明” [2020/06/26 16:49]

 今の状況で一番重要な数字は感染経路不明者の割合だ。若者の比率や、夜の街などは取るに足らないデータだ。感染経路不明者の割合が高いということは市中感染が多いことを示している。実際神奈川では昨日、25日に感染が確認された6人のうち5人が感染経路不明だ(「神奈川新聞」6月26日)。6人の住まいは、横浜が2人、川崎、藤沢、厚木それに伊勢原が各1人だ。横浜や川崎は東京に近く、藤沢、厚木それに伊勢原は小田急で新宿と結びついている。

 このままだと、来週の水曜日ころには、首都圏から圏外への移動自粛、ということになるのではないだろうか。

|

« IT後進国日本 | トップページ | 今こそCOVID-19の専門家会議の助言が必要、無責任なアホ内閣が今以上無責任を繰り返さないために »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« IT後進国日本 | トップページ | 今こそCOVID-19の専門家会議の助言が必要、無責任なアホ内閣が今以上無責任を繰り返さないために »