« COVID-19備忘録3 | トップページ | COVID-19備忘録5 »

2020年5月 9日 (土)

COVID-19備忘録4

COVID-19の感染はいつから始まったのか。最初に見たのは次の記事だ。世界各地の7,500人以上の新型コロナ感染者から検出されたウイルスの遺伝子を分析した研究チームの研究結果だ。

人への感染19年終盤から 英大学が遺伝子分析  5/7() 8:50  ロイター

[ロンドン 6日 ロイター] - 英ロンドン大学ユニバーシティー・カレッジ(UCL)の研究チームは6日、新型コロナウイルスの人への感染が2019年終盤に始まり、急速なペースで世界各地に広がったことを示すデータを発表した。

2019年終盤がいつだか分からなかった。原論文、Emergence of genomic diversity and recurrent mutations in SARS-CoV-2を見るとこうなっている。COVID-19のパンデミックの始まりは2019106日から 20191211日の間と考えられる。

原因ウイルスであるSARS-CoV-2には少なくも2種類あり、武漢のプロトタイプより感染力が強いものがあることを示す結果が出た。以下の論文だ。

Spike mutation pipeline reveals the emergence of a more transmissible form of SARS-CoV-2

この論文は今一番気がかりなのは2月初めからヨーロッパで感染が始まったD614Gで、感染力が武漢のD614と比べ強い、としている。

|

« COVID-19備忘録3 | トップページ | COVID-19備忘録5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« COVID-19備忘録3 | トップページ | COVID-19備忘録5 »