« COVID-19備忘録16 実行再生産数 | トップページ | COVID-19備忘録17 抗体検査に光が »

2020年5月26日 (火)

僕の本、『結核と日本人:医療政策を検証する』が紀伊国屋書店のBookWeb Proに取り上げられた

今朝、26日朝、紀伊國屋書店 BookWeb Proのメール「Plus! 【感染症―歴史・文学篇―】書籍32点ご案内!」が届いていた。

夕方開いてみたら、「4. 公衆衛生・医療政策」の1冊に僕の2011年の本が入っていた。以下がその案内だ。

3】結核と日本人 : 医療政策を検証する
        常石敬一【著】  2011/11 (岩波書店)
    標準価格:税込¥2,970
    ISBN:9784000053259
  ◎「結核制圧計画」は成功だったのか? 医学研究体制・次代の医療のモデルたりえるか? 新結核予防法に行きつくまでの日本の医療・医学・医療行政を振り返り、新結核予防法の役割と限界を明らかにする。

以下のサイトを見ていただければ幸いです。

https://www.iwanami.co.jp/book/b263229.html

|

« COVID-19備忘録16 実行再生産数 | トップページ | COVID-19備忘録17 抗体検査に光が »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« COVID-19備忘録16 実行再生産数 | トップページ | COVID-19備忘録17 抗体検査に光が »