« 日本のCOVID-19対策は出口なし? | トップページ | COVID-19備忘録2 »

2020年5月 6日 (水)

COVID-19 備忘録

フランス最初の新型コロナ患者、昨年末に発症-過去のサンプルで判明

Marthe Fourcade、2020年56 2:54 JST

これは、インフルエンザのような症状でパリ郊外の病院に入院していたアルジェリア生まれの魚販売業の男性(42)の凍結保存検体を改めてPCR検査した結果、陽性を確認した、というブルームバーグの記事だ。

次は「朝日」の記事だ。

英の死者数、イタリア超える 米国に次ぎ世界で2番目に

ロンドン=下司佳代子 202056 810

英国は途中で死者の数の数え方を変え、施設などで死亡した人を幅広くひろいあげるやり方にしたことも死者数が増えた要因となっている。

次は数日前のNewsweek。

「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

5/1(金) 17:29配信  Newsweek

「新型コロナウイルスの感染拡大に対するスウェーデン独自の対策は、ウイルスにさらされる人の数を増やすことで『集団免疫』を形成し、感染拡大の第2波を防ぐという作戦の一環だとされている」。

スウェーデンでは都市封鎖などはやっていない。実験の成否を今云々するのは早い。2021年の末あるいは22年まで待つ必要があるだろう。

英国も当初、集団免疫を追求していたが、途中で方針を変換した。それが初動の混乱をもたらした。

6日夕方の「朝日」の記事。

PCR検査を倍にすれば、接触「5割減」でも収束可能?

嘉幡久敬 202056 1630

以下に5月6日15時30分現在のいくつかの国における致死率を記しておく。出典はジョンズホプキンズ大学。

スウェーデン

致死率(%)

15.0

12.3

13.8

4.2

5.9

3.6

2.4

|

« 日本のCOVID-19対策は出口なし? | トップページ | COVID-19備忘録2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本のCOVID-19対策は出口なし? | トップページ | COVID-19備忘録2 »