« 接触機会8割減を言うなら、首相が公邸に住むことから始めよう | トップページ | 女性リーダーとコロナ対策 »

2020年4月16日 (木)

アホ首相は公明の山口代表の助け舟に飛びついた

公明党だけでなく野党も、一律10万円を主張していた。一律の意味は、できるだけ早く配る、ことである。当初の30万円、さらにアベマスク、そして非常事態宣言発出のもたもた具合等等、不人気の解消を狙って山口代表の10万円プランに飛びついた。

東京都の休業の協力金は5月上旬から支払う計画で準備が進んでいる。一律10万円、配るなら遅くとも5月中だ。補正予算の組み替えでやるとなると、6月となる。ここでももたもたモタだ。

今日見つけた面白いというか、そうだねと思える見出しを貼り付けておく。

まず「フォーブス」 4/16() 15:16配信、無能確定はすごい。
コロナ危機で総理への道が見えた小池百合子、「無能確定」の安倍晋三

次は「フォーブス」日本語版 Avivah Wittenberg-Cox  2020/04/16 12:00、 記者の目の付け所がよい
コロナ対策に成功した国々、共通点は女性リーダーの存在

優れたリーダーに恵まれた国は、アイスランド、台湾、ドイツ、ニュージーランド、フィンランド、それにデンマークだ。

|

« 接触機会8割減を言うなら、首相が公邸に住むことから始めよう | トップページ | 女性リーダーとコロナ対策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 接触機会8割減を言うなら、首相が公邸に住むことから始めよう | トップページ | 女性リーダーとコロナ対策 »