« 女性リーダーとコロナ対策 | トップページ | COVID-19、日本での致死率が上がっている »

2020年4月18日 (土)

COVID-19感染者が1万人を超えた、4月に入り感染者数は1週間ごとに倍増している

今日、18日、夕方までに日本での感染者が1万人を超えた。以下は「日経」の見出しだ。

国内感染1万人超す 新型コロナ、9日間で倍増

2020/4/18 18:13 (2020/4/18 19:18更新)

Johns Hopkins大学の統計だと、今現在の日本と韓国の陽性者数は9,787と10,653となっている。韓国は4月以降の感染者の増加は600人ほどで、14日以降横ばいだ。明日の今ころには日本の陽性者数は韓国のそれを超えているだろう。

日本は3月20日ころ1,000人となり、31日に2,000人で、4月に入ると急激に感染者数が伸び7日から8にかけて4,000人を超え、14日から15日にかけて8,000人を超えた。そして今日、これは「日経」の集計だが1万人を超した。5,000人を超えたのは9日から10日にかけてだった。

3月20日から11日間で1,000人から2,000人になり、4月に入ると1週間で4,000人となり、その後もほぼ1週間で8,000人だ。

5月6日までの「非常事態宣言」でこの急激な上昇カーブを押えることができるだろうか。まさに一人ひとりが不要不急の外出を控え、外出も時差外出や人と人との距離を作ることで、感染の押さえ込みを実現するしか方法はないだろう。

そのために求められるのは、信頼される、この人とともに努力しようと思えるリーダーだが、今の日本にはそれが不在だ。

|

« 女性リーダーとコロナ対策 | トップページ | COVID-19、日本での致死率が上がっている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 女性リーダーとコロナ対策 | トップページ | COVID-19、日本での致死率が上がっている »