« 2016年11月 | トップページ

2016年12月28日 (水)

どうしたら警告を生かせるか

 原子力委員会が政府に対してまともな警告を発した。委員会のアリバイ作りではなく、この警告を政府に受け入れさせる方策も工夫してほしい。
 以下は今日、28日の「長崎新聞(共同通信)」だ。

原発への不安に向き合えと警告 原子力委、高速炉に注力の政府に(12/27 17:35)
 国の原子力委員会(岡芳明委員長)は27日、政府が高速増殖原型炉もんじゅの後継の高速炉開発を決めたことを踏まえ、一般的な原発「軽水炉」に対する国民の不安や不信に真摯に向き合うよう求める見解をまとめた。原発再稼働に十分な信頼が得られないまま、将来を見通せない高速炉に注力する政府に対し「しっかりと足元を見るべきだ」と警告した。
 見解は、日本がプルトニウムを約48トンも抱えながら、原発の燃料として消費が進んでいないことに言及。消費手段の一つに高速炉が挙げられていることを念頭に「(軽水炉で消費する)プルサーマルでの対応が唯一、現実的な手段だ」と明記した。

http://www.nagasaki-np.co.jp/f24/CO20161227/sc2016122701001316.shtml

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月23日 (金)

歴史を利用しようとして、無知をさらけ出した安倍官邸

 史上初めて、とうたいあげたが、実は4番手だった。この後もっと調べると、5番手あるいは6番手となるかもしれない。

 以下は今日、12月23日の「長崎新聞(共同通信)」の記事の見出しと本文だ。

鳩山、岸首相も真珠湾訪問 ハワイ邦字紙が報道(12/23 18:10)
 【ロサンゼルス共同】ハワイの日本語日刊紙「ハワイ報知」は22日、安倍晋三首相による26~27日の訪問が予定されているハワイの真珠湾を、現職時代の鳩山一郎首相と岸信介首相もそれぞれ1956年と57年に訪れていたことが過去の同紙記事で判明したと報じた。
 現職首相の真珠湾訪問を巡っては、政府は当初、安倍首相の訪問が現職初と発表、その後51年に当時の吉田茂首相が訪れていたと修正していた。ハワイ報知の報道通りだとすると過去に3人の現職首相が訪問していたことになる。
 同紙によると、鳩山氏については56年10月30日付で「鳩山首相きのう真珠湾を訪問」と写真付きで報道。

http://www.nagasaki-np.co.jp/f24/CO20161223/po2016122301001342.shtml

 日本の侵略戦争や野蛮な行為など歴史に背を向け、直視することを避け続けている安倍政権が、事もあろうに自らの世論対策の真珠湾訪問を歴史的出来事と宣伝した。そのしっぺ返しはすぐにやってきた。官邸の主がアホだから官邸もアホでは、暴走するばかりだ。今や安倍官邸はブレーキのない車だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ