« 知らなくてよいことと知らなくてはならないことーーこの100年の日本 | トップページ | 高速増殖炉もんじゅ、廃炉への一歩 »

2015年11月 3日 (火)

歴史を学ぶ意味……

 人が歴史を学んだり、独立記念日とか建国記念の日を祝ったりするのはなぜだろう。

 日本で建国記念の日を祝う人たちが歴史を学ぶ気持ちを推測すると、自分たちの先祖・ルーツを知ること、そしてそれに汚点がなければ、自分たちの先達を誇りに思い、それで自分自身にも自信が持てるということだろうか。

 現実には現在の天皇家の権力が確立するまでにはいろいろドロドロしたこともあったはずだが、そこは長い時間というフィルターでろ過して、綺麗に飾り立てる仕掛けが明治期以降昭和に入るころまでに、できあがった。

|

« 知らなくてよいことと知らなくてはならないことーーこの100年の日本 | トップページ | 高速増殖炉もんじゅ、廃炉への一歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156467/62608216

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史を学ぶ意味……:

« 知らなくてよいことと知らなくてはならないことーーこの100年の日本 | トップページ | 高速増殖炉もんじゅ、廃炉への一歩 »