« 国会の責任ーー憲法に基づき議会を開くこと | トップページ | 国際舞台での中国のデマ宣伝 »

2015年10月22日 (木)

長期被ばく

 たとえ放射線の量が少なくても、長期にわたって被ばくすると悪影響が出ることが改めて確認された。以下の見出しと記事は今日、22日の「日経(共同)」だ。

がん死亡リスク、低線量被ばくでも増加 欧米の原発作業員分析
2015/10/22 11:25
 欧米の原子力施設で働く30万人以上を対象にした疫学調査で、100ミリシーベルト以下の低線量被曝(ひばく)でも線量に応じてがんによる死亡リスクが増えたとする分析結果を、国際チームが22日までに英医学誌BMJに発表した。
 国連科学委員会などは被曝線量が100ミリシーベルトを超えると発がんリスクが高まるが、100ミリシーベルト以下では明確なリスク上昇を確認できないとの見解を示している。
 チームは100ミリシーベルト以下でも白血病のリスクが上昇するという調査結果を既に発表しているが、今回新たに肺や胃、肝臓など白血病以外のがん全体でリスクの上昇を確認したという。
 チームは英国、米国、フランスの原発や核燃料施設などで1944~2005年の間に1年以上働いた約30万8300人のうち、白血病以外のがんで死亡した1万9064人について被曝線量との関係を分析した。全作業員の積算線量は平均20.9ミリシーベルト相当だった。
 分析の結果、被曝がなくてもがんで死亡する可能性を1とした場合、1ミリシーベルトの被曝ごとに1万分の5程度死亡リスクが上昇すると推計され、上昇率は、これまで知られている高線量のデータと同程度だったという。1万9064人のうちでは、209人が被曝により増えたがん死と推定されるとしている。
〔共同〕
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG21H9M_S5A021C1CR0000/?n_cid=TPRN0009

 このニュースは外国の通信社も伝えている。以下の「AFP(MNSニュース)」の見出しとその記事の冒頭部分はこうなっている。

長期低線量被ばくでもがんリスク高まる、研究
【AFP=時事】長期間にわたる被ばくでは、たとえ低線量であってもがんリスクが高まるとの研究結果が21日、発表された。英国やフランス、米国の原子力施設の従事者らを対象に調査が行われた。
(以下省略)
http://www.msn.com/ja-jp/news/world/長期低線量被ばくでもがんリスク高まる、研究/ar-BBmjC0w

|

« 国会の責任ーー憲法に基づき議会を開くこと | トップページ | 国際舞台での中国のデマ宣伝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156467/62529336

この記事へのトラックバック一覧です: 長期被ばく:

« 国会の責任ーー憲法に基づき議会を開くこと | トップページ | 国際舞台での中国のデマ宣伝 »