« 温度差、外は暖かいのに…… | トップページ | 国会の責任ーー憲法に基づき議会を開くこと »

2015年10月20日 (火)

フクシマで白血病

 とうとう、という感じだ。これから続いていくのだろうか。以下の見出しと記事は今日、20日の「長崎新聞(共同通信)」だ。

福島事故後の被ばくに労災 白血病発症、厚労省が初認定(10/20 16:59)
 厚生労働省は20日、東京電力福島第1原発事故後の作業で被ばくした後、白血病を発症した40代男性を労災認定した。第1原発事故をめぐる被ばくによる労災認定は初めて。「被ばくと病気との因果関係は明らかではないが、労働者補償の観点から認定した」としている。
 厚労省によると、男性は2012年10月から13年12月まで、第1原発で原子炉建屋カバーの設置工事などに従事。30代で発症した。
 放射線被ばくによる白血病の労災認定は、(1)「5ミリシーベルト×業務に従事した年数」以上の放射線に被ばくした事実があり(2)被ばく開始後1年超をたってから発症すること―などが基準。

http://www.nagasaki-np.co.jp/f24/CO20151020/sc2015102001001735.shtml

 原発で作業する人と、周辺住民とでは時間あたりに被ばくする量が違い、作業をされる人の方が圧倒的に多い。しかし、長い時間放射能にされされた、あるいは今もさらされているのは住民だ。それがどんな結果をもたらすか、悪い結果が出ないことを祈るだけだ。

 政府に求めるのは、悪い結果を想定し、そうならないような具体的行動をとること、例えば汚染土の処理や森や林の樹木の除染それに水の管理など、だ。悪い結果を想定し、検診・健診を行い、実際に悪い結果が出た場合は、率直に因果関係を認め、被害者の生活を支える覚悟が求められている。

|

« 温度差、外は暖かいのに…… | トップページ | 国会の責任ーー憲法に基づき議会を開くこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156467/62515944

この記事へのトラックバック一覧です: フクシマで白血病:

« 温度差、外は暖かいのに…… | トップページ | 国会の責任ーー憲法に基づき議会を開くこと »