« 杭の不正ーー打つ手はないのか | トップページ | 札束で自治体を引っ叩く »

2015年10月30日 (金)

行政の失態をチェックするのは行政? 国会の出番だよ

 今回の杭の問題で、国土交通省は監督官庁としていろいろ指導というか、監督というか、国民が見ていることを意識して当該企業に欠陥工事の「公表」などを迫っている。また今後こうした問題が起きないような体制を議論するらしい。

 しかしこの問題は、行政が機能していないから生まれた行政の失態だ。それを認識せずに行政の手で収めるというのは、つまるところ「臭いものに蓋」でしかない。

 人のやることだから失態は起きる。その失態を当事者が、善人ズラ・第三者的顔をしてしゃしゃり出て収めてしまうというのでは、こうした問題の発生はエンドレスだ。行政の失態をチェックすることが期待されているのは立法府であり司法だ。今回の問題は、国土交通省の建築・建設の監督のあり方について国会で追及すべきだ。国会は行政の歪みや失態を糺すことも重要な仕事だ。そのつもりはあるのだろうか。

|

« 杭の不正ーー打つ手はないのか | トップページ | 札束で自治体を引っ叩く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156467/62581645

この記事へのトラックバック一覧です: 行政の失態をチェックするのは行政? 国会の出番だよ:

« 杭の不正ーー打つ手はないのか | トップページ | 札束で自治体を引っ叩く »