« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月31日 (月)

日本の教育を輸出ーー本気?

 日本の教育は機能しているのだろうか、と常々思っている。そうしたら今日、31日、以下のような見出しと記事を「読売」に見つけた。

「日本式教育」ノウハウ輸出へ…運営や規律醸成
2015年08月31日 18時24分
 政府は2016年度から、小中学校や高等専門学校など、「日本式の教育」のノウハウの輸出を推進する。
 即戦力となる人材を養成する職業教育や、高い学力や規律を身に付ける小中学校の教育など、日本の教育制度に対して新興国を中心に関心が高まっており、そのノウハウの「輸出」で国際貢献を目指す。教科書や教材など教育産業の海外進出を後押しする狙いもある。
 輸出を目指すものの一つが、5年間のカリキュラムでエンジニアなど技術系人材を育成する高等専門学校や、土木や測量、自動車整備などを学ぶ専門学校などの運営方法だ。アジアや中東などの新興国では、経済活動を支える技術を持つ工学系人材の育成に関するニーズが高いという。
 一方、日本の小中学校では普通となっている、クラス内で役割分担して行う教室の掃除や給食、生き物の飼育やクラブ活動などは、協力して課題に取り組む姿勢や規律正しさを醸成するとして、高い評価を受けている。全国一律のカリキュラムなどを通して高い学力を維持している日本の教育システムを参考にしたいとの声も多い。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150831-OYT1T50053.html?from=ytop_top

 日本の教育は、社会の歯車となり、権力者の意のままに動く人を作るにはよいシステムかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月30日 (日)

戦争法案反対全国行動ーー流石にNHKも無視できない?

 きょう、30日の夕方のニュースでも、その後のニュースでもNHKは戦争法案反対の全国行動を報じている。それだけ無視できない動きになっているということだろう。東京だけで12万人が抗議行動に参加した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月29日 (土)

どうも事件らしいーーまさか政府が仕掛けた?

 一昨日、27日に「JR東のケーブル火災、事故それとも事件?」を投稿したが、どうも悪い予感が当たったようだ。

 いったい誰が、何のために。70年前に日本の敗戦後、まだ敗戦後という言葉がしっくりする時代、松川事件・三鷹事件・下山事件という、JRの前身である国鉄がらみの事件が相次いだ。

 今の戦争法案審議や原発再稼働の強行、さらには沖縄の基地問題の行き詰まりという、特に政府にとっての閉塞状況を思うと、今回のケーブル火災事件が、単なる不平不満分子ではなく、権力による犯罪の可能性も考えるべきだろう。国家にしかできない犯罪、冤罪をつくらせないために高い関心を持ち監視をする必要がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月28日 (金)

今更ながら、国立競技場を解体したことが悔やまれる

 文科省は新たな競技場を作るために、入札不調が続いた国立競技場の解体を無理やり進めた。そしてかつて競技場があった場所は、今ほぼ更地になっている。

 旧国立競技場を耐震化し、客席数を増やす案を伊東豊雄さんたちが提案していた。その提案を葬るために文科省は遮二無二解体へと突っ走った。そして今の仕切り直しがある。

 今の案では、伊東さんたちの案と大差はない、違いは税金の投入量が増えるということだ。伊東案だと、解体費用もかからず、また周囲の景観になんの影響も与えない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月27日 (木)

JR東のケーブル火災、事故それとも事件?

 今日、27日、ケーブル火災で山手線や湘南新宿ラインなどが止まった。先日も立川でケーブル火災があった。

 これは保守その他が原因の事故だろうか、それとも人為的な事件だろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月26日 (水)

秋の気温だ

 一昨日、24日から関東南部はとても涼しくなった。ついに今日は室内でも長ズボンと長袖とした。これは昨日まで太陽の陽射しがある時の散歩の際、身に着けていたものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月25日 (火)

本家と模倣品(コピー)ーーエンブレムには本家の持つ美しさがない

 8月14日に書いた「五輪エンブレムーー取り下げだよね」の続き。そのとき、模倣が疑われるエンブレムより、ベルギーの劇場のロゴの方がはるかに素敵だ、と書いた。

 本家と比べると模倣品には、本家の気品やすっきりした美しさに乏しいように思える。

 これは家庭用電化製品について考えてみると分かりやすいかもしれない。一時期の日本ではゴテゴテした過剰品質と言われた家電が多く出回っていた。それは、一社がヒット作を出すと他社の多くが追随して類似のものが溢れる中で「独自性」を出すための各社「独自の」工夫が過剰品質となった。

 そんな日本を戒めるために、米国ではNIH症候群というのがあると言われた。NIHはNational Institute of Health(国立予防衛生研究所)の略称なのだが、ここでは Not invented here(ここで発明されたものではない)だから我が社ではやらない、という意味だった。

 弟子は教師の悪いところを拡大再生産する、という言い方もある。ゴテゴテした趣味の悪い東京オリンピックのエンブレムは、まさに模倣品、追随作品の典型だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月24日 (月)

「アベノミクス(官製相場)」の終焉?

 今日、24日、東京市場の4.6%の下落に続いて上海市場も8.5%下落した。先週末からのNY市場の下落の影響を受けた面もあるが、それよりも、官製相場の化けの皮が東京でそして上海で剥がれてきたと見る必要がある。

 今は世界同時株安の様相だが、その局面が打開されたとき取り残されるのは日本や中国の官製相場だ。両国は自由であるはずの相場に政府が介入し、意図的に株価を吊り上げてきた。今その引き上げの糸が伸びきった状態となっている。

 それが切れるときが恐ろしいが、太い糸を構成する細い糸が切れはじめているような気がする。「アホノミクス」のアホさ加減を一日も早く認識し、中止し、今の危機をなんとかソフトランディングして、まともな相場、そして公共投資等税金のバラマキではない、まっとうな経済政策へと転換する必要がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月23日 (日)

台風に挟まれた日本

 台風15号と16号が南の海で北上中だ。あと数日で15号は九州の西に、16号は東北の東に到達しそうだ。そうすると日本はふたつの台風に挟まれることになる。

 今日、23日の関東は16号のせいだろう北東の風が吹き込み、比較的涼しい気候だ。長期予報だと暑さは9月に入っても続くということだから、このしのぎやすさはつかの間なのかな。それでも、数日でも、しのぎやすいのはありがたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月22日 (土)

テレビに出てうれしいこと

先日、20日、TBSの「ひるおび」という番組に呼ばれ、生放送で話をした。

テレビに出てうれしいことは、卒業生から連絡をもらえることだ。仲間の誰それの連絡でちらっと見ることができたよ、というメールで彼らが元気にやっていることが分かりとてもうれしくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月21日 (金)

川内原発で小さな事故

事故、と言われるとドキッとする。トラブルと言うと軽くみてしまう傾向がある。

今日、21日公表された川内原発の二次冷却水に海水が流れ込んだ件は、トラブルではなく、事故だ。事故ととらえ、十分な調査をするべきだ。それが手に負えない大事故を防ぐ道だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月20日 (木)

天津の爆発事故の収束はいつ?ーー放射性物質などはなかったのだろうか?

かつて外国技術をコピーして走らせたばかりの中国新幹線事故では事故車輌を埋めて、事故原因の調査をせずに幕引きをした。

今回はそれは通用しない。現場にどんな化学物質があったのか、放射性物質はどうなのか、などがはっきりしないと周辺住民の被害に終息はない。被害がある限り事故の収束はない。周辺住民の口を封じるには集団移住しかないだろう。そうした方策を中国政府がとるとしたら、それは現場に手に負えない物質の存在を確認したときだ。放射性物質が隠匿されている場合も集団移住という方策がとられるだろう。

今は現場にどんな物質があったのか不明な状態が続いている。これは事態の真相、例えば化学兵器禁止条約違反など、をおおい隠す時間稼ぎをしているのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月19日 (水)

天津の爆発事故ーー化学兵器禁止条約

今日、19日昼前、神経ガスが検出されたという情報が流れた。半信半疑だったが、現地の消防の副参謀の発言であり、それを伝えたのが中国中央テレビなのでそうなのか、少なくとも有機リン系の毒性の高い物質が存在していたのだろうと判断した。

夜になって、天津市が神経ガスの検知を否定し、中国中央テレビは自身が伝えたニュースをそのサイトから削除した。何を隠そうとしているのだろう。隠したいのは化学兵器禁止条約違反の事実ではないのだろうか。そうではないのであれば、検知器を作動させた物質がなんであったか、もしかしたら有機リン系の農薬、を明らかにするべきだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月18日 (火)

蒸し暑いが雨の後、気温は下がった

昨日、17日の早朝の強い雨以降、雨がときどきしっかり降る。おかげで気温の上昇がおさえられている。散歩をはじめるときは涼しくなったと感じるが、帰るころには汗をかいている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月17日 (月)

原発ーー存在自体が無駄?

1年間の必要経費というのか、とにかく支出された金額が1兆4千億円。それを伝える今日、17日の「長崎新聞(共同通信)」の見出しと記事を貼り付ける。

原発維持に1兆4千億円 発電ゼロ時の電力9社(08/17 17:09)
 東京電力など原発を保有する電力9社が、稼働している原発がなかった2014年度に、原発の維持、管理のため計約1兆4千億円を使っていたことが分かった。各社はこの費用のうち多くを電気料金に転嫁しているが、原発の代わりに使う火力発電の燃料費も増え、財務悪化や電気料金の上昇につながっているとみられる。各社が早期の原発再稼働を目指す背景には、こうした維持管理費負担もありそうだ。
 9社は有価証券報告書で「原子力発電費」として原発関連の支出を公表している。14年度は計約1兆4260億円で、内訳は人件費や修繕費、使用済み核燃料の再処理費などだった。

http://www.nagasaki-np.co.jp/f24/CO20150817/ec2015081701001586.shtml

電力会社の経営見通しの失敗のツケを市民にまわす日本。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月16日 (日)

雨は降るか、気温は?

予報では明日、17日は曇りときどき雨だがどうなるか。短時間しっかり降って涼しくなるといいのだけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月15日 (土)

思いの強さ

 昨日、14日に発表になった首相談話は字数ばかり多く、論点がはっきりしない文章で、学生のレポートなら再提出ものだ。

 今日、戦没者追悼式での天皇の言葉は明確だった。短いものだがポイントはふたつあった。ひとつは「国民のたゆみない努力と、平和の存続を切望する国民の意識に支えられ、我が国は今日の平和と繁栄を築いてきました」で、もう一点は「過去を顧み、さきの大戦に対する深い反省と共に、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されぬことを切に願い」だ(http://www.asahi.com/articles/ASH8G6DBPH8GUTIL03Q.html)。

 これは僕なりに解釈すると、現在国会で議論されている「戦争法案」に反対し、過去の戦争を、他国に犠牲を強いたことも含め「反省」するということだ。

 これは天皇の強い思いが、明確に、短い、人に訴える文章に凝縮した結果だ。他方安倍談話にはそうした思いは全くない。一体何を言いたいのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月14日 (金)

五輪エンブレムーー取り下げだよね

 ベルギーのデザイナーがIOCに日本人が製作したエンブレムの使用差し止めを求める裁判を起こした。それを伝える今日、14日の「長崎新聞(共同通信)」の見出しと記事は以下の通りだ。

五輪エンブレム使用差し止め提訴 ベルギーの劇場とデザイナー(08/14 19:50)
【ブリュッセル共同】2020年東京五輪の公式エンブレムがベルギー東部リエージュのリエージュ劇場のロゴと似ていると指摘された問題で、劇場とロゴのデザイナー側は14日、国際オリンピック委員会(IOC)にエンブレム使用差し止めを求める訴えを地元裁判所に起こしたと発表した。
 東京五輪をめぐっては、新国立競技場の建設計画が白紙撤回された上、エンブレムでも訴訟トラブルを抱え込んだ。
 原告弁護士によると、提訴は8月13日付。劇場ロゴは商標登録されておらず、商標権は争いとならないが、ロゴを基にエンブレムが制作された可能性があるとして著作権侵害を主張している。

http://www.nagasaki-np.co.jp/f24/CO20150814/ma2015081401001830.shtml
Photo_2

 いろいろな色を使いごちゃごちゃしたエンブレムより、リエージュ劇場のロゴの方がすっきりしていてはるかに素敵だ。エンブレムに勝ち目はないよ。取り下げしか道はない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月13日 (木)

墜落米軍ヘリに自衛官、を伝えた新聞の見出し

 昨日、12日に沖縄で米軍ヘリコプターが墜落したことは知っていた。今朝になって「神奈川新聞」の朝刊を手に取ったら1面トップに大きく「米軍ヘリが墜落 自衛官ら6人負傷」の見出しがあった。これで昨日の事故の意味、事故を起こしたヘリコプターが何をやっていたのかを考えることができた。

 こうした「日米協力」について国会で追及・追求・追究し、日米軍事同盟がいったいどうなっているのか明らかにしてもらいたい。沖縄での事故、そして米軍機に自衛官が同乗し合同訓練を実施していたこと。それは今回の事故で明らかになったことだが、この実態を明らかにすることが必要だ。

 今後の戦争法案の審議において大きな問題として議論し、問題点をえぐり出すことが野党の責任だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月12日 (水)

大切なのは住民の安全ではなく政府の面子!

 原発事故の際の避難はどうするのだ。最低限の手がかりすら、政府の面子を保つために捨てようとしている。今日、12日の「ヤフー(毎日新聞)」の以下の見出しと記事の一部を読み、安倍政権が原発の再稼働を、住民の安全を無視して行ったことを改めて痛感した。

<緊急時放射能予測>政府「不確実」防災基本計画から外す
毎日新聞 8月12日(水)15時30分配信
 原発事故の際に放射性物質の放出量や気象条件、地形などのデータを基に放射性物質の拡散範囲や量を予測する「緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム」(SPEEDI)について、政府は7月、国や自治体の災害対応の基礎となる防災基本計画で住民の避難に活用しないことを決めた。「予測が不確実なため」としているが、住民避難で予測を参考にするとしてきた自治体や住民は反発している。
(途中省略)
 国の「SPEEDI外し」に、新潟県の泉田裕彦知事は7月の中央防災会議で「被ばくが前提の避難基準では住民の理解は得られない」と訴えた。また、11日に再稼働した九州電力川内(せんだい)原発の地元、鹿児島県薩摩川内市などで開かれてきた避難計画の説明会でも、自治体はSPEEDI活用の考えを伝えていた。市内で子供3人を育てる大中美子さん(48)は「被ばくありきの避難計画では引っ越さないと子供は守れない」と国の姿勢に憤る。【関谷俊介、杣谷健太】
◇SPEEDI(緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム)
 事故を起こした原発から送られてくる放射性物質の放出量や気象条件、地形などのデータを基に、放射性物質の拡散範囲や量、大気中の濃度などを予測するシステム。現在は原子力規制委員会が運用し、予測結果は原発の立地する周辺自治体などに送信される。1979年の米スリーマイル島原発事故をきっかけに120億円以上かけて開発され、東京電力福島第1原発事故当時は文部科学省所管の原子力安全技術センターが運用していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150812-00000034-mai-soci

 3.11のとき、官邸はSPEEDIの存在を知らず、また文科省は自前でそれを運用できず、利用できなかった。今、 SPEEDIに替わるものが準備されたわけではない。

 だからこれまで自治体はSPEEDIをひとつの目安として利用することを考えていた。ところが川内市などはそのハシゴを外された。これは葬り去られたはずの「安全神話」の押し付けだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月11日 (火)

無責任体制による原発再稼働

 今日、11日午前、九州電力は川内原発の再稼働を行った。今日中には臨界に達し、数日で発電を開始する。

 放射性廃棄物という厄介なゴミの問題、地震や火山などの天変地異、その負担を誰がどのように引き受けるのか、完全に無責任な体制だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月10日 (月)

安倍政権で軍事費が膨張している

 昨日、9日の「神奈川新聞」は安倍政権になって軍事費が膨張の一途を辿っており、来年度予算は過去最高の5.2兆円となる、と指摘した。

 その記事によれば、民主党政権時代の12年度が4.7兆円、安倍政権後の13年度が4.75兆円、14年度が4.9兆円、そして15年度がほぼ5兆円を浪費した。

 戦争元年、それは予算の膨張具合からも分かる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 9日 (日)

戦争元年としないために

今日、9日は長崎原爆の日。夕方のNHKのニュースで長崎の被ばく者が、今年を「戦争元年」としてはいけない、と訴えていた。同感だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 8日 (土)

フクシマで工事全面中断

 きょう、8日朝、フクシマ第一で作業をしていた労働者が一人が死亡した。東電は工事の全面的中断を決断した。以下の見出しはそれを伝える今日のNHKだ。

作業員死亡で東電 敷地内の全工事を中断
8月8日 17時58分
作業員増加で死傷者倍増
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150808/k10010183031000.html

 この工事は、それがあるとして、何十年か先の完全な廃炉まで中断はあっても中止はない。事故を起こさず、安全に、地道に進めるしかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 7日 (金)

朝から雲が多く蒸し暑い

 今日、7日は朝から雲が多く、昼過ぎには陽射しがほとんどなくなった。しかし気温は朝から上がり、雲が出ても一向に下がらず、蒸し暑い1日だった。

 いつもだと陽射しがあって避けているが、今日は曇りなので久しぶりに海岸まで散歩をした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 6日 (木)

安倍政権に賃金を上げる気はない

 以下の見出しと記事は7月30日の「MSNニュース(朝日新聞)」だ。

最低賃金、欧米で次々引き上げ NYは1.7倍アップも
 最低賃金の引き上げは、先進国のトレンドでもある。米国では「中間層の底上げ」をめざすオバマ米大統領が掲げている。ドイツでは今年から、全国一律の最低賃金制が導入されたばかりだ。
 米ニューヨーク州の委員会は22日、ファストフードなど外食チェーンの従業員の最低賃金について、段階的に時給15ドル(約1850円)に引き上げるよう勧告することを決めた。いまは8・75ドル(約1080円)で、一気に1・7倍にアップする。ニューヨーク市内は2018年まで、ほかの地域では21年夏までに上げられる予定だ。
 米西海岸のロサンゼルスやサンフランシスコでも、15ドルへの引き上げが決まっている。都市部の賃上げの動きは、全米にじわりと広がりそうだ。

http://www.msn.com/ja-jp/news/money/最低賃金、欧米で次々引き上げ-nyは1%EF%BC%8E7倍アップも/ar-AAdIbpQ

 これは欧米の話だが、この数日前、日本の最低賃金を時給で18円上げるという報道が出ていた。これで最高額の東京で907円、神奈川で906円だ。18円は900円のほぼ2%なので、このペースだと東京の場合、18年に980円程度だ。

 現在は、東京が907円で、ニューヨークが1,080円でそう差はない。それが3年で東京が980円、ニューヨークが1,850円と倍近い差となる。働く人の賃金を上げることに本気の米国と、その気のない安倍政権の実態がよく分かる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 5日 (水)

盗作、続き

 「MNSニュース(デイリースポーツ)」に一問一答が出ていた。その部分を以下に引用する。

デザインへの考え方が違うとは具体的に。
 「(考案初期の文字ボードを掲げ)TとTの文字を打つと最初にこうなる。シンプルにアルファベットを主軸にすると、どうしても類似したものが出てくる。私は力強さ繊細さをうまくキープした上で、どのように変化させていくかが重要なテーマだった。リュージュ劇場はTとLが主軸で文字だけ。こちらは正方形を9分割して真ん中に帯、端っこに円などがくっついている。もともとリュージュのデザインは見てないので自ずと考え方は違う。表層的に見ても全く違う」

http://www.msn.com/ja-jp/news/sports/【佐野氏の一問一答】「ショックでつらかった」/ar-BBlpr6V

 「シンプルにアルファベットを主軸に」しているところは共通していると認めている。その上で「もともとリュージュのデザインは見てないので自ずと考え方は違う。表層的に見ても全く違う」としている。

 しかし僕たち素人は、「表層的に見て」似ている、と感じている。もうひとつ「デザインは見てないので自ずと考え方は違う」は意味が分からない。科学や思想には同時発見ということがあり、互いに全く独立に、全く同一のアイデアに到達することがある。その場合は、両者の知的先取権が認められる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京のエンブレム盗作だよ

 エンブレムのデザイナーの記者会見の記事を読んで、盗作なんだろうな、と感じた。理由は「デザインの考え方が違う」から部分的に似た部分があっても全体として別という説明だ。

 僕のような素人が全体として見ると似ていると感じるが、専門家はこういう見方、こういうポイントで似てはいるが別物、という言い方をするのかなと思っていた。その期待は裏切られ、全く説得力のない説明が報じられている。

 デザイナーに高度な言語能力は求めないが、「デザインの考え方」の相違についてははっきりした説明をする義務がある。それが果たされていない。それで、そうか盗作なんだ、と思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 4日 (火)

本を入れ替えたーー僕の70年談話

 長らく『戦場の疫学』の表紙を載せていたが、今日、4日から新しい本、『クロニクル 日本の原子力時代 一九四五ー二〇一五年』に変更した。

 この本は、今年が敗戦・被ばく70年であり、また今年を脱原発元年としたいという願いで書いたものだ。脱原発を言い続けるために『戦場の疫学』と入れ替えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 3日 (月)

歴史を踏まえない未来って?

 明るい未来、響きが良い。しかし明るい未来の実現は遊園地の切符を買うような気楽な感じではいかないだろう。

 遊園地は1日あるいは2日間、夢を見る場所だ。しかし未来は夢ではなく現実だ。それゆえ、入場切符を買えば手にできるようなものではない。

 しっかり持続できる明るい未来を実現するには、地道な努力、過去を、歴史を省みて、将来の方針を決めることからはじまるのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 2日 (日)

綱渡りーー廃炉まで

 今日、2日、福島第一の3号機の中に落としてしまった20トンはある燃料交換機の引き上げが無事終わった。この作業を日曜日にやったのは万が一の際の被害をおさえるために、他の作業を止める必要があったためだ。

 今日の綱渡りは無事終わったが、こうした綱渡りは、廃炉が完了するまで何十年と続く。その間ずーっと綱渡りだ。今日の綱渡りの結果回収された燃料交換機は放射能汚染のレベルが高い廃棄物だ、その処理は新たな綱渡りだ、廃炉までその繰り返しが続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 1日 (土)

終戦の詔勅

 1945年8月15日の正午(日本時間)に放送された天皇の「終戦の詔勅」の原文と音声が公開された。これも敗戦後70年の節目ゆえだろう。

 もうすぐ、15日、敗戦の日だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »