« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月31日 (火)

核のゴミーー出口なし

 核のゴミをどうするのか、あらためて問われている。以下の見出しと記事は今日、31日の「長崎新聞(共同通信)」だ。

原子力委、基本方針改定「妥当」 高レベル廃棄物で(03/31 11:43)

 国の原子力委員会は31日、原発から出る高レベル放射性廃棄物の最終処分に関する政府の「基本方針」の改定案を「おおむね妥当」とする経済産業相への答申をまとめた。処分地選定に向けた具体的な工程と達成時期、責任主体を明らかにした上で着実に取り組みを進めるよう求めた。

 岡芳明委員長は「なぜ『地層処分』が良いのかを、技術だけでなく、社会的側面も踏まえて国民に説明することが重要だ」と指摘。処分地選定の進捗状況を定期的に原子力委に報告すべきだとした。

 経産省が2月にまとめた改定案は、将来の政策変更や技術開発などに応じ、処分地や処分方法を見直せることを強調した。

http://www.nagasaki-np.co.jp/f24/CO20150331/sc2015033101001481.shtml

 この問題は00年に公布された「特定放射性廃棄物の最終処分に関する法律」が全く機能しないまま十数年が経過したことで、出直しが必要となったということだ。

 今年になって、原発の再稼動の動きが加速している。その一環として、原発事故で電力会社が困らないように、その事故処理その他の費用を電気料金に転嫁する体制が整えられつつある。この流れの最大のアキレス腱が、核のゴミ問題で、それをなんとかもっともらしく体裁を整えようということだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月30日 (月)

公園の桜が開花

 今日、30日、朝から公園に行ったら桜の花が咲いていた。あの感じだと昨日の昼間にはすでに咲きはじめていたのだろう。

 桜は通常は目立たないが、咲くと周辺が一気に華やぎ、春を感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月29日 (日)

人骨の会のお花見ウオーク

 今日、28日は僕たちの「軍医学校跡地で発見された人骨問題を究明する会」の毎年の行事、お花見ウオークが行われた。それに合わせたかのように気象庁は例年よりだいぶ早く、東京の桜は満開、と発表した。

 僕たちの会にとって、お花見ウオークが目覚ましのベルで、本格的な活動がはじまる感じがする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月28日 (土)

桜が7分咲き

 家の近所の一番最初に咲く桜が7分咲きになった。朝晩の散歩の通り道にあり、日々花の咲き具合を眺めるのは楽しい。

 毎朝行く公園の比較的大きな桜はまだまだ蕾で、当分咲きそうもない。楽しみはまだ先ということだ。毎日観察していると少しづつ蕾が大きくなっていることは分かる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月27日 (金)

晴天ーーもうすぐ新学期

 今日、27日は朝から晴天。しかも気温は高め。春うらら、いよいよ新学期、という感じだ。

 そろそろ春休みモードから、仕事モードに切り替えなければ。学期がはじまれば学生諸君の元気を分けてもらうことで、仕事モードに入れるだろう。講義は学生と教師が一緒に作っていくものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月26日 (木)

何故だ? ドイツのLCC

 今、26日夜になって、ドイツの航空会社の航空機が墜落した原因は、1人操縦室に残った副操縦士が意図的に起こした可能性が高いと発表された。一体どうなっているのだ。

 マレーシアから中国に向かっていた航空機が異常な上昇をして、その後行方を絶った事故が思い起こされる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月25日 (水)

活断層ーー原子力規制委はどうする

 やはり活断層という結論が出た。以下の見出しと記事は今日、25日の「長崎新聞(共同通信)」だ。

敦賀、東通の断層活動性を認定 有識者評価書(03/25 12:40)

 原子力規制委員会は25日、日本原子力発電敦賀原発2号機(福井県)と東北電力東通原発(青森県)の敷地内断層について議論する定例会合を開いた。いずれも有識者調査団が断層の活動性を認めた評価書で、報告を受けて確定した。

 原電は評価書に問題点があるとして取りまとめに反対していたが、新規制基準に基づく審査を規制委に申請する方針だ。

 東北電は昨年6月に東通1号機の審査を申請済み。規制委は、有識者調査団の評価がまとまるまで審査を事実上凍結していたが、評価書確定で本格的な審査に入る。

http://www.nagasaki-np.co.jp/f24/CO20150325/sc2015032501001020.shtml

 厳密に言うと、敦賀のは重要な施設の下の断層は活断層としているが、「読売」によれば、東通のはそこまで言い切れていないようだ。「敦賀原発直下は『活断層』…規制委有識者が結論2015年03月25日 16時02分

http://www.yomiuri.co.jp/science/20150325-OYT1T50059.html?from=ytop_ylist

 事業者(電力会社)に有利なことは、「読売」は見逃さず、丹念に拾う。これもその一環かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月24日 (火)

昨日の続き

 昨日、24日のグラフに系列名を入れたものを再投稿するが、エクセルのグラフの貼り付けなのでうまくいくかどうか。横軸は3(03)年からで、はじめの1と2は年号に合わせるためだ。

 どうもうまくいかない。1が日本、2が中国、3がインド、4が米国、5がブラジル、6がドイツ、7がフランス、8が英国、9がスペインだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月23日 (月)

昨日の続き

 以下のグラフは昨日の、再生可能エネルギーによる発電量の国別比較だ。出典は

BP Statistical Review of World Energy, June 2014だ。この数値は原油に換算してどの程度再生可能エネルギーが利用されているかを示している。以下にグラフ化したのは、日本、米国、ドイツ、フランス、英国、スペイン、インド、中国、ブラジルの9カ国だ。横軸が年号で1が03年、11が13年だ。系列1が日本で、系列4が米国、系列2が中国だ。

 リーマンショックは08年で、グラフだと6だ。日本以外の国はリーマンショックにもめげず地道に再生可能エネルギーの利用を進め、特に中国はそれ以後積極的に取り組み実績を上げている。リーマンショクで腰折れしたのが日本で、日本の経済力というのはそういう脆弱なものだったようだ。
Microsoft_word_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月22日 (日)

再生可能エネルギー、日本の怠慢

 便利なサイトを見つけた。いろいろな統計が整理され、さらに元になったデータを明示しているサイトだ。サイトの名前はガベージニュース だ。

 その「アメリカ一番中国二番…各国再生可能エネルギーの発電量動向をグラフ化してみる(2014年)(最新) 2014/09/01 14:30)に示されているグラフ、各国の「再生可能エネルギー発電量」を見ると、2001年、日本は米国に次ぐ位置を占めていた。しかし、すぐにドイツに抜かれ、08年にスペインに抜かれ、09年に中国に抜かれ、10から11年にかけインド、ブラジル、さらにイタリアに抜かれ2013年に至っている。

 脱原発、は掛け声ばかりで、将来のエネルギーを見据えた施策がとられていないことが分かる。少しは考えているのかもしれないが、その姿勢は前記の諸国と比べるとはるかに見劣りするということだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月21日 (土)

石炭産出量ーー日本と英国

 日本と英国の石炭産出量は、1対10だ。日本が1,204千トン、英国が12,839千トンだ。英国はその上産油国でもある。それでいて、自然エネルギーの利用は日本を上回っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月20日 (金)

発電ーー自然エネルギーーー日本の怠慢

 以下の見出しと記事は今日、20日の「日経」だ。

米、電源の35%を風力に 2050年目標

2015/3/20 11:46

日本経済新聞 電子版

 【ワシントン=川合智之】オバマ米政権は運転中に温暖化ガスを出さない風力発電を主要電源と位置づけ、2050年に全電源の発電能力の35%にあたる約4億キロワットに引き上げる。欧州に比べ出遅れていた洋上風力も強化する。米風力発電ディープウオーター・ウインドは米国初の洋上風力発電所の建設を米東部ロードアイランド州沖で始め、16年秋にも稼働する。

 米エネルギー省は報告書で「風力発電は10年以内に他の電源と…

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM13H0C_Q5A320C1EAF000/?n_cid=TPRN0005

 発電ができるのは風力だけではなく、太陽光もあれば地熱もある。見方によれば水力もそうだ。水力も含めた発電量で、自然エネルギーの割合が最も低いのが日本だ。

http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1502/03/news024.html によれば、日本は10.7%で、英国が12.7%、米国が12.8%だ。15.4%がフランスで、ドイツが24.3%やスペインが29.7%だ。
 英国は北海油田があり産油国であり石炭もある。米国は石油も石炭もシェールガスもある。ドイツは石炭がある。

 石炭も石油もなく、一番自然エネルギー開発に取り組む必要がある、日本が一番遅れている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月19日 (木)

核燃料、全部溶け落ちていた

 やっぱり、というかなんということか、核燃料は全て溶け落ちていた。以下の見出してと記事は今日、19日の「長崎新聞(共同通信)」だ。

炉内燃料、ほぼ全量溶融 福島第1原発1号機(03/19 20:27)

 東京電力は19日、宇宙から地球に降り注ぐ宇宙線から生じる「ミュー粒子」を利用して福島第1原発1号機を調査した結果、原子炉内の核燃料がほとんど溶け落ちていることを確認したと発表した。燃料溶融を調査により確認したのは初めて。

 東電は1号機について、事故時のデータ解析などから、ほとんどの燃料が溶融して格納容器に落下したとみており、今回の調査結果はこれを裏付ける内容。

 東電は、廃炉工程で最難関となる溶けた燃料(デブリ)の取り出しに向け、具体的な取り出し手法の検討に活用する。

http://www.nagasaki-np.co.jp/f24/CO20150319/ma2015031901001803.shtml

 それで「廃炉」は可能なのだろうか。ここで廃炉とは、安全に原子炉を解体することを意味している。それができなければ、石棺ということになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月18日 (水)

核のゴミーーだからなんなのだ?

 最初から分かっていることだ。今更、何を言っているのだ!と思う。以下は今日、18日の「ヤフー(時事通信)」の見出しと記事だ。

廃炉ごみ、足かせに

時事通信 2015/3/18 16:15

 関西電力 <9503> 美浜原発1、2号機(福井県)など5基の廃炉が決まった。いずれも完了まで数十年かかるとされ、先行きには不透明感も漂う。既に廃炉作業が始まっている日本原子力発電東海原発(茨城県)や中部電力 <9502> 浜岡原発1、2号機(静岡県)では、解体で発生する低レベル放射性廃棄物の処理が足かせとなっている。 

http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20150318-00000082-jijnb_st-nb

 足かせで済むのか。赤信号ではないのか。いつになったら核のゴミ処理が、赤信号であることに気づくのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月17日 (火)

暖かく花粉がいっぱい

 今日、17日、朝から散歩に出る前に花粉対策をしたのだが、帰宅すると花粉のせいで鼻がムズムスした。早速薬を噴霧して、大事にならないようにした。

 昼間遠くの山が、花粉で霞んで見えるということだった。そういうこともあり結局一日中家に篭ることになった。篭ったのではなく、閉じ込められたのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月16日 (月)

過去と、現在と、未来を直視する

 すごいな。苦渋の結論だろう。以下の見出しと記事は今日、16日の「長崎新聞(共同通信)」だ。

原子力推進の標語看板残して 考案者「負の遺産」と双葉町に03/16 12:19

 東京電力福島第1原発事故で全町避難が続く福島県双葉町で撤去が決まった「原子力明るい未来のエネルギー」などの看板をめぐり、看板の標語を考えた男性が16日、同町長と町議会議長に看板を保存するよう求める要望書を手渡した。

 男性は茨城県古河市在住の自営業大沼勇治さん(39)。撤去が決まった2枚の看板のうち「原子力明るい未来のエネルギー」は、大沼さんが考えた原子力推進の標語で、1988年に設置された。大沼さんは「原発事故の反省を踏まえ、子どもたちにうそのない真実の未来を残すため、負の遺産として残すべきだ」と保存を求めた。

http://www.nagasaki-np.co.jp/f24/CO20150316/sc2015031601001511.shtml

 町は大沼さんの気持ちを受け止めることができだろうか。ぜひ受け止めてもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月15日 (日)

春の装い

 今日、15日は僕たちの「軍医学校跡地で発見された人骨問題を究明する会」の定例の会合があり、新宿まで出かけた。会合が終わり、40分ほど街をぶらぶらしたが、皆春の装いという感じだった。

 花粉が飛び散った後の春の到来が待ち遠しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月14日 (土)

ワセリンの出番

 僕は花粉の影響を受けるのが他の人より遅いみたいだけど、いよいよ僕にも、花粉の影響が本格化してきた。そこで数年前から頼りにしているワセリンの出番だ。

 近年は本体はワセリンだけど、それに余分なものをつけたり、ケースを用意したりして、もっともらしい名称をつけて高い値段で売っているようだ。ワセリンは直接皮膚に塗って問題のないものなので、余分なものを付けないほうがより安全なのだが、それでは商売にならないのかな。

 数年前、僕が花粉対策にはじめてワセリンを使った時には、事前に腕に塗ってみて、異常は出ないかを確かめた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月13日 (金)

コーヒーの焙煎

 今週からコーヒーを焙煎を試しはじめた。自分で焙煎したコーヒーを飲んだが美味しくなく、追加の焙煎をして少しコーヒーらしくなった。焙煎の教室があるくらいだからそう簡単ではないことは承知の上だ。

 それを理解した上で、試行錯誤を続けていこうと思う。どのくらい時間がかかるか、よし!と思えるまで根気が続くか。新しい楽しみが増えた。

 楽しみはふた通り、僕自身の根気を見ること、コーヒーの味と香りが少しでもよくなる期待だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月12日 (木)

バカがバカのバカな行為にバカというむなしさ

 鳩山元首相がクリミアを訪問した。それを菅官房長官が批判した。まあこれはいつも大人気ない安倍政権らしい。

 まともな、もう少し大人の政権なら黙殺だろう。それを取り立てて批判することで、元首相と安倍政権は同じレベルにあることを天下に知らせた。それが今日のタイトルの意味だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月11日 (水)

流れに逆らわない

 しなやかに生きていくことの見本かな。少なくとも毅然とした、肩肘張った、周りの人を疲れさせる生き方ではない。以下の見出しと記事の一部は今日、11日の「朝日」だ。

「震災は乗り越えるものではない」生きた証し訪ねる日々

東野真和

2015年3月11日14時46分

(途中省略)

 4年という時間は人によって違う。「震災は乗り越えるものではない。心の整理がつくまで、癒やし合いながら前を向けばいい」
http://www.asahi.com/articles/ASH3C4SYNH38ULZU00H.html?iref=comtop_6_02

 記事のコトバは、岩手県の被災者で、同じ被災者の話し相手になっている方のものだ。

 地震で、津波で、日常が奪われた人に、その苦しみを乗り越えることを求めるのではなく、いつか何気ない形で平穏な日常が訪れる、それを待とう、ということなのだろう。一日一日を心に刻みながら生きることは、誰にとっても必要なことだ。天変地異でそうしたささやかな営みが一時的に断ち切られたということで、それを時間をかけて繋ぎ直そうということだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月10日 (火)

毅然として……

「毅然」、僕には無縁のコトバだ。最近、特に自公政権の発言で耳にするのだが、どうにも耳障りだ。何かというと、毅然とした対応、と言う。

 しかし、政治資金や不純交遊やら、いろいろ不祥事が出ているが、身内に対しては毅然とした対応はしないようだ。また汚染水その他について東電に関しても毅然とした対応はしていない。そんな片手落ちの使い方ばかりしているから、厳しい言葉も意味をなくし、空しく宙を舞うばかりなのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 9日 (月)

ますます重要となる憲法9条

 今日、9日午後になってとても説得力のある記事を「ヤフー(東洋経済)」に見つけた。以下がその見出しと記事の冒頭部分だ。 

財政的に「戦争できぬ」日本

2015年3月9日(月) 16時21分掲載

日本は「戦争をできる国」にはなれない

 新たな安全保障法制をめぐり、与党協議が進んでいる。自衛隊の海外派遣や集団的自衛権の行使などが議題に上っている。(東洋経済オンライン)

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6152333

 戦争できない理由は二つあり、ひとつは膨大な財政赤字だ。もうひとつは自衛隊員の高齢化だ。今や、最も有効な国・国民を守る手段は、武力以外の方法で平和を維持することだ。その意味で憲法9条の存在が重要となっている。

 以下のような記事を目にすると、日本の国民が国のために自らの命をかけ、武器をとり、戦うとは思えない。以下の見出しと記事の一部は今日、9日の「ヤフー(「毎日新聞」)」だ。

<原発事故>除染ボランティア3万人余 被ばく管理の対象外

毎日新聞 3月9日(月)6時30分配信

 東京電力福島第1原発事故で放出された放射性物質による汚染が著しいとして国が直轄で除染する除染特別地域で活動したボランティアが、これまでに少なくとも延べ3万人余に上ることが各団体への取材で分かった。草刈りなど国の除染同様の作業も2500回以上実施。「労働者」でないため法令上の被ばく管理の対象外のボランティアが、被災者のニーズに応えきれない国の施策を補完する形となっており、専門家は国にボランティアを守る仕組み作りを求めている。

(以下省略)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150309-00000004-mai-soci

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 8日 (日)

老朽化した核施設

 核施設の末路。民生用・軍事用を問わず、老朽化した核施設の管理は困難だ。どんな施設でも、古いものでも、使っている間は保守管理が行われ、危険は少ない。しかし、使われなくなると急速に使用されている材料は劣化し、設備にガタがくる。本来撤去してしまえばよいのだが、施設そのものの毒性が高いと手がつけられない。

 そう思わされる記事が今日、8日の「長崎新聞(共同通信)」に出ていた。以下にその見出しと記事を貼り付ける。

米核施設、地下タンク14基損傷 放射性廃液漏出03/08 15:41)

 【ニューヨーク共同】米西部ワシントン州のハンフォード核施設で、高レベル放射性廃液を保管する地下タンク177基のうち少なくとも14基に壁の損傷があり、地下水が入り込むなど廃液が漏れ出す危険性が高いことが米政府監査院(GAO)の報告書などで8日分かった。うち1基からは年平均約2400リットルの廃液漏出が確認されている。

 同施設は1945年に長崎に投下された原爆のプルトニウムを製造するなど冷戦期に米の核戦力を支えたが、その後、放射性物質のずさんな管理が発覚、「米国で最も汚染された核施設」とされる。
http://www.nagasaki-np.co.jp/f24/CO20150308/sc2015030801000391.shtml

 フクシマをそうさせないためには、僕たちが監視を怠らないことが必要だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 7日 (土)

有識者って?

 安倍政権になってから、何かと「有識者」という言葉を耳にする。やっていることは無理を通すために、道理を排除する知恵を出すことだ。つまり小手先の小賢しい知恵で、人々を煙に巻く、口先三寸で白を黒、黒を白と言いくるめることに長けた人が有識者のようだ。

 何か今までになかったこと、皆が躊躇してきたことをあえて実行する場合、小手先で先に進むのではなく、その新たことをやる必要性を人々に説得できる、国民が納得できる大きな仕掛けを示すことが必要だ。それは有識者などという口説の徒ではなく、哲学者の仕事だろう。ここで言う哲学者は、西洋哲学者とか、なんとか哲学といった、狭い視野の講壇哲学者ではなく、人と社会と過去と未来を考え、その全体像を人々に示すことができる人をいう。

 それは別に大学の哲学教員・研究者である必要はない。社会の大きな流れを人々に示すことができる人が、哲学を持っている人、哲学者ということになる。そういう人が最近少ないのか、あるいはそういう人は根底的に考え発言するので、煙たがられていて、僕たちの目に触れないということだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 6日 (金)

花粉が飛んでいる

 今日、6日昼ころ知人宅に車で行った。しばらく、10分ほどか立ち話をして、車に乗ったが、鼻がムズムズし、目も花粉の症状を感じた。今日も朝晩、自宅周辺を歩いたが、そうしたことはなかった。

 場所によって花粉の飛び方/飛ぶ量が違うようだ。この違いをもたらすのはなんだろう。知人宅は平らで乾燥しているのに対して、我が家周辺は湿度が比較的高い地域だが、その差だろうか、それとも朝晩と昼という時間的なものだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 5日 (木)

だいぶ寒い

 那覇から羽田に着いたら、やはりだいぶ気温が低い。沖縄が暖かった分余計に寒さを感じたかもしれない。昨日、4日の関東は気温が上がったようだが、花粉が飛ぶ量はどうなのだろう、気になるところだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 4日 (水)

寒い!?

牧志の公設市場の近くを歩いていたら、女性が「寒いねー」と話していた。気温18度、僕にとっては暖かく快適だけど、薄着のウチナンチュには寒いようだ。昨日、3日は20度を超えていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 3日 (火)

政府補助金が大企業に……

安倍やら、野党党首やら、政府補助金を受けた企業から寄付金を受けていたことが明らかになった。その企業名を見ると古くからの大企業が多く含まれている。

不思議なのは、いろいろ便宜を受けているだろう大企業が政府の補助金を受けていることだ。

本来公的な補助金はこれから伸びようとする、発展途上の企業に振り向けるべきだろう。大企業への補助金はまさに負んぶに抱っこだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 2日 (月)

那覇2日目ーーマグロ

今日、2日も気温は平年並みらしいが、ぽかぽか暖かく埠頭に吹く潮風が気持ちよい。

朝からとまりんにある魚市場の場外市場に行った。店によってはマグロを一尾づつ売っていた。

昔キャンベラで釣り上げたばかりの新鮮な、冷凍されていないマグロが美味しかったことを思い出した。あの時は美味しさのあまり、食べ過ぎて気持ちが悪くなり、一晩苦しんだが、翌日、今度は適量のマグロを食べた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 1日 (日)

那覇に来た

久しぶりに那覇に来た。ほぼ1年ぶりだ。空港に着きさわやかで気持ちがよいと思ったら、乗ったタクシーの運転手さんが今日は寒いと言っていた。

それでも今日の昼間の気温は20度を超えていた。明日、2日の予報は20度に届かないという。それでも十分に暖かい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »