« 解除するのは危険だよ | トップページ | 自民党の「有力」議員はお小姓ばかり…… »

2015年2月 6日 (金)

原発推進の経産省の策略

 経産省がとんでもない「操作」を行っている。今日、6日になって気付いた。「MSNニュース(週刊ダイヤモンド)」の記事だ。以下に見出しと記事の一部を貼り付けておく。

非公開の環境省試算が暴く“再エネ潰し”改正の欺瞞

ダイヤモンド

週刊ダイヤモンド編集部

2日前

経済産業省がまとめた電力各社における再生可能エネルギーの接続可能量について、その信ぴょう性を疑わせる新事実が本誌の取材で明らかになった。

 本誌が独自に入手した環境省検討会の試算が、各電力会社から経産省に提出された試算を覆す内容だったのである。

 1月26日、電力会社による再エネの固定価格買い取りなどを定めた特別措置法施行規則の一部が改正された。これにより、太陽光発電など再エネとの接続に制約が生じる電力6社が新たに、接続可能量を超えた場合に再エネの出力を無制限、無補償で抑制できるようになった。

(途中省略)

電力会社側に言い分はあろうが、突っ込みどころは満載。「改正は原発再稼働のための再エネつぶしだ」とかみつく再エネ推進派に格好の攻撃材料を与えてしまった。

(「週刊ダイヤモンド」編集部委嘱記者 大根田康介)

http://www.msn.com/ja-jp/news/money/非公開の環境省試算が暴く“再エネ潰し”改正の欺瞞/ar-AA8XcRk

 本当に油断も隙もあったものではない。経産省は3.11の後、独自に独断で原発再稼動に走り、菅首相に止められた。経産省はこれまでも再生可能エネルギー潰しをやり、他方で原発を推進してきた。その姿勢は変わらない。しかし将来の切り札が再生可能エネルギーなのだが、目先のことしか考えないようだ。

|

« 解除するのは危険だよ | トップページ | 自民党の「有力」議員はお小姓ばかり…… »

コメント

This web site does not show up properly on my android – you may wanna try and repair that
Clayton http://norbertotortorice.bravesites.com/entries/general/Symptoms-Of-Broken-or-Fractured-Toes

投稿: Clayton | 2015年2月15日 (日) 07時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156467/61095192

この記事へのトラックバック一覧です: 原発推進の経産省の策略:

« 解除するのは危険だよ | トップページ | 自民党の「有力」議員はお小姓ばかり…… »