« 夏の休暇 | トップページ | Googleの博物館――長崎と広島 »

2013年8月18日 (日)

首相は決断できるのだろうか――彼の頭にあるのは延命のみ

 消費税上げや、集団的自衛権その他、周りがあれこれ言い、最後は首相が決めると言っているが彼にそんな決断力はあるのだろうか。  僕が見るところ、決断のポイントはどうすれば自分の内閣の延命が図れるか、だと思う。その線で内閣参与などという肩書きを持った人々は動いているのだろう。彼らは今の内閣が続き、自分たちの今の地位が長続きすることを願っているだけのようだ。  本来は、国民のため、国のために考えるはずの人たちが、自分が仕える内閣の延命を第一に、あるいはそれだけを考えている。国民・国にとって不幸だ。

|

« 夏の休暇 | トップページ | Googleの博物館――長崎と広島 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156467/58087620

この記事へのトラックバック一覧です: 首相は決断できるのだろうか――彼の頭にあるのは延命のみ:

« 夏の休暇 | トップページ | Googleの博物館――長崎と広島 »