« MDS(骨髄異形成症候群) | トップページ | カラスの異常 »

2013年8月 7日 (水)

自民党は多様だ

 自民党は多様でありながら、ひとつの党として行動できている。以下の「長崎新聞(共同通信配信)」の見出しと記事にそう感じる。 自民小委、原発新増設の凍結提案 反発相次ぐ(08/07 18:31)  東京電力福島第1原発の事故原因について議論する自民党の小委員会の村上誠一郎委員長は7日の会合で、使用済み核燃料の最終処分の方法や処分先が決まるまで、原発の新増設を凍結するよう求める提言案を示した。週明けにも党総裁の安倍晋三首相の了承を得たい考えだが、出席者からは反発が相次いだ。  一部議員は「新増設を政府が否定していない」と指摘。「党の小委員会が凍結を言うのはおかしい」などと批判した。  提言案とりまとめの行方は不透明だが、村上委員長は会合後、記者団に「党が国民の安全や将来を真剣に考えているという姿勢を示すべきだ」と述べた。 http://www.nagasaki-np.co.jp/f24/CO20130807/po2013080701001818.shtml  使用済み核燃料の最終処分方法その他が決まらなければ新規の増設や運転は認めないというのが、今の米国の状況だ。その意味でこの提案は突飛な話ではない。さあ、安倍はどう反応するか。

|

« MDS(骨髄異形成症候群) | トップページ | カラスの異常 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156467/58087609

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党は多様だ:

« MDS(骨髄異形成症候群) | トップページ | カラスの異常 »