« 終息しない原発事故 | トップページ | 言動がふらふらする人は駄目だよ »

2013年7月26日 (金)

吉見さんが維新の議院を告訴した――何か吉見さんの力になりたい

 同じ内容の記事は「朝日」にもあるが、僕が読んだ感じでは「産経」のほうがしっかり取材していると思えた。それで以下にその見出しと記事を引用する。 「従軍慰安婦の著書は捏造」発言で提訴 中大教授が維新議員を 2013.7.26 13:08  日本維新の会の桜内文城衆院議員に著書の内容を「捏造(ねつぞう)」と指摘され、名誉を傷つけられたとして、「従軍慰安婦」などの著書がある中央大の吉見義明教授が26日、桜内氏を相手取り、1200万円の損害賠償と謝罪広告の掲載などを求める訴えを東京地裁に起こした。  訴状によると、桜内氏は今年5月27日に日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)が日本外国特派員協会で行った記者会見に同席。司会者が吉見教授の著書を紹介した後、「吉見さんという方の本を引用されておりましたけれども、これは既に捏造であるということが、いろんな証拠によって明らかとされております」と発言した。  原告側は「著書『従軍慰安婦』の英訳本を『捏造』と指摘する発言で、原告の名誉と信用を根底から覆すのみならず、研究者としての存在そのものを否定するに等しい行為」と主張。会見の様子は動画サイト「YouTube(ユーチューブ)」に配信されており「原告の苦痛はこの瞬間も新たに発生している」としている。  桜内氏の事務所は「訴状が届いていないので、コメントは差し控える」としている。 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130726/trl13072613090004-n1.htm  なお以下は「朝日」の記事で、「産経」が伝えていないことが書かれており、その部分を以下に引用する。 (途中省略)慰安婦問題などをめぐる一連の発言に関して、日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長が5月27日に東京都内で記者会見した際、司会者が参考文献として従軍慰安婦に関する吉見氏の著書を紹介。会見に同席していた桜内氏が「これはすでに捏造であるということが、いろんな証拠によって明らかとされております」と発言した。  吉見氏が6月、発言の撤回と謝罪を求めたところ、桜内氏は「『これは』というのは司会者の別の発言を指したもので、吉見氏の著書を指したものではない」と反論したという。(以下省略) http://www.asahi.com/national/update/0726/TKY201307260069.html  参議院選挙前だったが、吉見さんは大阪市長の誹謗中傷と思える発言に対して公開質問状を送っていたが、市長は答えることができたのだろうか。多分答えられないので、そのまま皆が忘れるのを待っているのだろう。そうさせてはならない。  吉見さんがはじめる裁判が、彼の名誉を守る方向で進むように何ができるだろうか。何かしないといけないと強く感じている。

|

« 終息しない原発事故 | トップページ | 言動がふらふらする人は駄目だよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156467/58087597

この記事へのトラックバック一覧です: 吉見さんが維新の議院を告訴した――何か吉見さんの力になりたい:

« 終息しない原発事故 | トップページ | 言動がふらふらする人は駄目だよ »