« 相変わらずの東大話法 | トップページ | 原爆被爆者の見直しが進むか? »

2013年6月11日 (火)

柔道界も人材不足――女性会長の時代かな

 以下は今日、11日の「毎日」の見出しだ。 全柔連:辞意の上村会長が一転、続投の意向 毎日新聞 2013年06月11日 21時00分(最終更新 06月11日 21時19分) http://mainichi.jp/sports/news/20130612k0000m050074000c.html  柔道界にも人材がいないようだ。いっそのこと男性は全部ひいて、女性に任せたらどうだろう。世界を相手の試合で見ると、男性と比べ女性の方がはるかに好成績をあげている。したがって、協会役員も全員女性にして、選手が競技しやすい体制にした方がよいのではないだろうか。それができなければ、任意の民間団体になることだ。そうするとこれまで努力をしてきた選手たちの行き場がなくなる。

|

« 相変わらずの東大話法 | トップページ | 原爆被爆者の見直しが進むか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156467/58087554

この記事へのトラックバック一覧です: 柔道界も人材不足――女性会長の時代かな:

« 相変わらずの東大話法 | トップページ | 原爆被爆者の見直しが進むか? »