« 原爆被爆者の見直しが進むか? | トップページ | 中途半端な指示――厚労省のワクチン行政 »

2013年6月13日 (木)

安倍や橋下の価値観は米国の民主主義とは相容れないだろう

 以下の見出しと記事は今日、13日の「長崎新聞(共同通信配信)」のものだ。 米、安倍政権の歴史認識に警告 日米同盟影響も示唆(06/13 11:27)  【ワシントン共同】オバマ米政権1期目に国家安全保障会議(NSC)アジア上級部長を務めたジェフリー・ベーダー氏は12日、日本の過去の侵略と植民地支配を謝罪した「村山談話」の見直しなどを安倍晋三政権が行えば米国として黙認することはないと警告、日米同盟にも影響が出る可能性を示唆した。  ワシントンで開かれたシンクタンク主催のシンポジウムで述べた。近隣諸国との摩擦を生んでいる日本の指導者の歴史認識に対する米側のいらだちをあらためて浮き彫りにした。   http://www.nagasaki-np.co.jp/f24/CO20130613/wo2013061301000905.shtml  安倍らの価値観は権力者のそれであり、力づくで人権を抑圧することを意に介すことがなく、それゆえ人権侵害を行ってしまう。意識的かどうかを別にすると、中国の為政者も人権侵害ということでは安倍や橋下に負けない。  そういう意味で言うと、今の日中の政権は価値観を共有している。日米は決して共有していない。米韓は共有しているだろう。

|

« 原爆被爆者の見直しが進むか? | トップページ | 中途半端な指示――厚労省のワクチン行政 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156467/58087556

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍や橋下の価値観は米国の民主主義とは相容れないだろう:

« 原爆被爆者の見直しが進むか? | トップページ | 中途半端な指示――厚労省のワクチン行政 »