« 維新の幹事長は何を聞き、何を見たのか | トップページ | 見続ける意味 »

2013年6月25日 (火)

日本の科学技術力の衰退

 日本の科学技術の水準は高い、は希望的信仰。それを科学技術白書も認めている。この白書は、危機を訴えることで「予算」増額も狙っているので、鵜呑みにはできないが、低下の方向は確かな事実だ。今に始まったことではなく、もう20年来のことだ。以下の記事と見出しは今日、25日の「読売」だ。このニュースはもっと早い時間、午前中から「日経」も出していた。 日本発の研究論文「質量ともに低下」…科技白書  政府は25日、2013年版の科学技術白書を閣議決定した。  日本の国際競争力が低下しつつある現状を踏まえ、「科学技術力で成長と豊かさを追求する国を目指す」と明記。科学技術の実用化によるイノベーション(技術革新)創出に力を入れていく姿勢を、前面に打ち出した。  白書は、日本発の研究論文の世界的な位置づけが、「質量ともにも低下している」と指摘した。2009~11年の論文数は、10年前の2位から5位に低下。特に、他の論文に引用された回数が上位10%に入る「影響力の大きい論文」の数は、4位から7位に下がっている。このため、科学研究を原動力としたイノベーションの創出に向け、若手が研究しやすい環境作りや国際共同研究の戦略的な推進とともに、研究成果を事業化につなげる支援策が必要だと訴えている。 (2013年6月25日19時57分 読売新聞) http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130625-OYT1T01014.htm?from=main4

|

« 維新の幹事長は何を聞き、何を見たのか | トップページ | 見続ける意味 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156467/58087568

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の科学技術力の衰退:

« 維新の幹事長は何を聞き、何を見たのか | トップページ | 見続ける意味 »