« 就職試験 | トップページ | よい休日ーーネットなしの2日間 »

2013年5月15日 (水)

大阪市長の本音――女性蔑視

 橋下大阪市長の発言が、毎度のことながら、世間を騒がせている。最近あまり話題にならないな、このままだとじり貧だぞと思っていたら、またとんでもない発言が出た。いわゆる従軍慰安婦と言われる方々についての発言だ。  さらに、沖縄では米軍の高官に、性的欲求をはらすためには風俗業を利用してほしい、などと余計なおせっかい口をたたいたようだ。問題となっても話の内容を否定することなく、しかし真意を説明することで傷を深くしている感がある。その典型は、彼の発言への批判について、彼らの党の関係者は建前ではなく本音の政党として、本音を言っているだけ、という意味のことを言っている。  つまり心底、女性蔑視をしている、本音で蔑視している、ということだろう。日本ではとんでもない人が弁護士資格を取得でき、また市長に選ばれる。いやすごい国に住んでいることを、悲しく思う。

|

« 就職試験 | トップページ | よい休日ーーネットなしの2日間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156467/58087530

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪市長の本音――女性蔑視:

« 就職試験 | トップページ | よい休日ーーネットなしの2日間 »