« 雨が長引いた | トップページ | 核燃料サイクル安楽死への第一歩 »

2013年5月12日 (日)

そんなことやる中国−−だから強い/弱い?

 昨日、11日、の「日経」の見出しと記事を以下に貼付ける。 大学で普遍的な価値「語るべからず」 中国当局が指示 2013/5/11 20:23  中国当局は北京や上海などの大学の教員に対し、自由、人権といった「普遍的な価値」や「報道の自由」など7項目を授業で語ってはならないとの指示を出したもようだ。11日付の複数の香港紙が伝えた。言論や思想に対する引き締めの強化が始まったとの見方が広がっている。  香港の有力紙、明報は中国の教育関係者らの話として「7つの語るべからず」の指示が大学指導部から口頭で教授ら教員に伝えられたと報道。重慶など地方の大学は通知を受けていないとしている。  7項目の内訳はほかに「公民社会」「公民の権利」「共産党の歴史上の誤り」「司法の独立」と、癒着により富や権利を蓄えている新たな社会階層を意味する「権貴資産階級」が含まれる。  香港の英字紙、サウス・チャイナ・モーニング・ポストによると、上海の大学のある法学部教授は「公民の権利や報道の自由も語れなくて、我々は大学と呼べるのか」と語ったという。(香港=川瀬憲司) http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM1103C_R10C13A5FF8000/  かつて社会主義圏で暮らしたり、旅をした経験からすると、こうした人権などの普遍的価値や表現の自由などがおさえつけれると、有能な人は外国へ行ってしまう。すると残った人で、二軍のチームで試合をすることになる。これで国に活気が生まれるだろうか。正選手がいないうちに、と思う人もいるかもしれないが、そういう人も正選手になるころには、外国に出てしまうことが多い。チェコでプラハの春(1968年)のときに、多くの各分野で国際的に有能で有名だった人々が弾圧を受けても自国に留まったのは、自分たちの普遍的な闘い、人権回復を信じていたからだろう。それは長い闘いの後、彼らの力もあったし、ベルリンの壁の崩壊などの外的要因の助けもあって、勝利した。  そんな経験からすると、今度の中国のやり方は、今まで以上に、精神的に弱体化し、その分、軍や警察の物理的な力に依存する社会を強化するだろうと思う。いよいよ中国の強権的体制が強まるが、これは終わりの始まりだと考えている。チェコの闘いは勝利まで20年かかった。中国もまともな国になるのに後それくらいはかかる、人口が多い分だけ、もっと時間がかかるかな。その前に自滅するかな。

|

« 雨が長引いた | トップページ | 核燃料サイクル安楽死への第一歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156467/58087527

この記事へのトラックバック一覧です: そんなことやる中国−−だから強い/弱い?:

« 雨が長引いた | トップページ | 核燃料サイクル安楽死への第一歩 »