« 今度は大丈夫?ーーサリン | トップページ | よい天気 »

2013年4月27日 (土)

飛行機は乗らない選択ができるが、原発は無理矢理押し付けられる−−国替え

 電池から火を噴く事故を起こした航空機、787の運行再開が認められた。火を噴いても大事に至らない工夫をしたから大丈夫、というのだ。何故火を噴いたのかの原因は分からないままだ。  これでは乗りたくないな、という人もいるだろう。僕も含めそういう人は787以外の航空機が使われている便を選択することになるだろう。その場合、いつもの航空会社ではない、マイレージをためていない、航空会社の便を選ぶこともあるだろう。  航空機ならこうした選択肢が可能だ。しかし、福島第一原発の事故の原因は停電で冷却が止まったことは分かっているが、何故停電したのか、何故緊急冷却装置は機能しなかったのかなど、根本的な原因はまだ分かっていない。事故解明の状態としては原発も787の電池も同じ状況だ。  他の選択が可能な航空機は飛び始めることも許されるかもしれない。しかし、今回の原発事故が示すように、原発の事故の被害はいわゆる「地元」に限定されない。その意味で、原発の再稼働には、被害を受けるかもしれない人々にそれを避けるための選択の余地は、再稼働させない、ということ以外にはない。  さっきネットのニュースを見ていたら、相馬の元殿様の子孫が、希望者を募り、広島に移住し、新しいコミュニティを作ろうと呼びかけているという。以下がその見出しだ。 2013年 4月 27日 15:00 JST 更新 原発被災者「集団移住を」=相馬藩主子孫「国替え」呼び掛け http://jp.wsj.com/article/JJ12286145396060303362716765291803076129692.html (時事通信配信)  誰にでもできることではないが、正しい選択だ。こういう曇らない目を持ちたいものだ。

|

« 今度は大丈夫?ーーサリン | トップページ | よい天気 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156467/58087512

この記事へのトラックバック一覧です: 飛行機は乗らない選択ができるが、原発は無理矢理押し付けられる−−国替え:

« 今度は大丈夫?ーーサリン | トップページ | よい天気 »