« 爆弾低気圧 | トップページ | 放射能汚染水ーー先は長い本格的なタンクの建設を »

2013年4月 7日 (日)

いつも後手に回る東電−−意図的な発表遅れでは?

 以下の見出しは今日、7日の「ヤフー(毎日新聞)」のものだ。 <福島第1原発>汚染水漏れ、3日に疑い浮上 対応後手に 毎日新聞 4月7日(日)11時35分配信 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130407-00000018-mai-soci  怖いことだが、多くの人が、まただ、東電は相変わらずとろい、と思っているのではないだろうか。そこが東電のねらいではあるまいか。今回は3日に明らかとなった「汚染水漏れ」を5日深夜に発表した。汚染水漏れはすでに起きたことであり、機器の故障と違い時間の経過で復旧することはありえない、それでも発表を遅らせたのは、東電はとろい、と思い込ませ、情報発信を少なくしようとしているのではないだろうか。時間を稼いでいるうちに、機器の場合は復旧の可能性があり、その故障が後に致命的なものにつながるかもしれないが、それをうやむやのうちに、隠蔽することが可能だ。そしてそれが大きな事故につながるリスクを増大させる。

|

« 爆弾低気圧 | トップページ | 放射能汚染水ーー先は長い本格的なタンクの建設を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156467/58087492

この記事へのトラックバック一覧です: いつも後手に回る東電−−意図的な発表遅れでは?:

« 爆弾低気圧 | トップページ | 放射能汚染水ーー先は長い本格的なタンクの建設を »