« 薬害はなかったということか | トップページ | 山形大学の教員はまともだ »

2013年4月 3日 (水)

惜しかった、あと一人だった

 そう、テキサスレンジャーズのダルビッシュだ。昼前ネットのニュースをチェックしていたら、ダルビッシュが完全試合を達成するかもしれないことを知り、テレビのスイッチを入れNHKのBSを見た。9回表のレンジャーズの攻撃が終わり、ダルビッシュが最終回のマウンドに上がるところだった。  ショートゴロとセカンドゴロでアウトを二つ取った。あと一人というところで、当然のことながら、9番バッターが出てきた。見守るなか、初球、少し高めだったかもしれない、すばらしいピッチャー返しで、打球はダルビッシュの足下を抜け、二遊間を抜けて行った。  ワシントン監督が出てきて、ダルビッシュから球を受け取り、審判に投手交代を告げた。レンジャーズは昨日負けていたが、今日早速こうした勝ち方をして、よいスタートとなったと思う。

|

« 薬害はなかったということか | トップページ | 山形大学の教員はまともだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156467/58087488

この記事へのトラックバック一覧です: 惜しかった、あと一人だった:

« 薬害はなかったということか | トップページ | 山形大学の教員はまともだ »