« 福島原発の漏水は止まるのか | トップページ | 「読売」もあきれる東電の投げやりな作業ーー特別チームの編成を »

2013年4月10日 (水)

事故から2年ーー本格的な設備の必要性

 東日本大震災から2年以上たった。このところ、福島第一原発では、冷却電源の停止、汚染水漏れなどトラブルが続いている。電源もタンクもどちらも応急的な設備だ。何時までこれらを使い続けるつもりなのだろう。壊れるまでというのはありえない。壊れればそれは今の小康状態が破られ、事故の状況が上がるということだ。  応急的な設備の使用は1年あるいは2年程度が限度ではないだろうか。今も事故は続いているわけで、現在の作業の出口は見えない。電源もタンクも、その他配管なども、本格的なものに置き換えることが必要な段階に来た。  今続いている事故を、小さな事故と見てはいけない、これは早く本格的な対応、本格的な設備の建設の必要性を示している。

|

« 福島原発の漏水は止まるのか | トップページ | 「読売」もあきれる東電の投げやりな作業ーー特別チームの編成を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156467/58087495

この記事へのトラックバック一覧です: 事故から2年ーー本格的な設備の必要性:

« 福島原発の漏水は止まるのか | トップページ | 「読売」もあきれる東電の投げやりな作業ーー特別チームの編成を »