« アマチュアスポーツ | トップページ | 原発冷却停止――福島からの手紙 »

2013年3月18日 (月)

レッテルが問題なのではない

 安倍首相が右翼と言われるのは、何よりも都合の悪い歴史を無視しよう、目をそらそうとすることで、その無視の部分が日本の侵略の歴史であるためだ。失敗から目をそらす経営者が成功しないのと同様、政治家も成功はおぼつかないだろう。こんなことを書いたのは、以下の見出しの記事を「読売」に見つけたからだ。 「安倍談話」15年発表…首相が韓国誌に語る  【ソウル=中川孝之】安倍首相は18日発売の韓国誌「月刊朝鮮」とのインタビューで、歴史認識に関する「安倍首相談話」について、「戦後70年目の談話を出すべきだ」と述べ、2015年の談話発表を目指す考えを示した。  インタビューは2日に首相官邸で行われた。  安倍首相はまた、いわゆる従軍慰安婦問題に関する1993年の「河野談話」見直しに関連し、「今後どう対応するかについて、専門家や歴史家に意見を聞く。外交、政治問題にすることは全く考えていない」と改めて主張した。  自身が集団的自衛権の行使容認などを巡り、韓国で「極右」と警戒されている点について、「韓国を含む大多数の国家が採用している安全保障体制と同じようにするものだ。私の主張が『極右』なら、世界のどの国家も極右国家となる」と強調した。 (2013年3月18日14時04分 読売新聞) http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130318-OYT1T00590.htm?from=main6  彼は、安倍は、2015年まで首相を務めているつもりらしい。僕は今年の夏までは、参議院選挙まではもつ思っているが、その先はどうだろう。

|

« アマチュアスポーツ | トップページ | 原発冷却停止――福島からの手紙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156467/58087472

この記事へのトラックバック一覧です: レッテルが問題なのではない:

« アマチュアスポーツ | トップページ | 原発冷却停止――福島からの手紙 »