« ウラン売却――脱原発への一歩 | トップページ | TPP玉虫色決着 »

2013年2月22日 (金)

先行きにどんな見通しがあるのだろうか

 以下は今日、22日の「日経」の見出しだ。 電力大手、日本原電の資金繰り支援 債務保証を継続 2013/2/22 13:11 http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD2202R_S3A220C1EB2000/  債務保証分が約一千億円、原電の独自分が四百億円あるのだそうだ。とりあえず、借り換えで凌ぐつもりで、そのための債務保証の継続らしい。  ウラン売却は保証のない四百億円の返済のためか。こうして少しづつ脱原発にむけて進んでいくのだろう。

|

« ウラン売却――脱原発への一歩 | トップページ | TPP玉虫色決着 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156467/58087448

この記事へのトラックバック一覧です: 先行きにどんな見通しがあるのだろうか:

« ウラン売却――脱原発への一歩 | トップページ | TPP玉虫色決着 »