« 除染(=汚染移動)ではなく移住 | トップページ | 先行きにどんな見通しがあるのだろうか »

2013年2月21日 (木)

ウラン売却――脱原発への一歩

 昨日、20日の「共同通信」の記事と見出しだ。 日本原電が借金返済でウラン売却 原発停止の長期化響く  大手電力会社が出資する日本原子力発電(東京)が、原発の燃料であるウランの一部を売却していたことが20日分かった。保有する原発3基が再稼働する見通しが立たず、4月に支払期限を迎える銀行からの借金の返済資金を確保するため、当面使う予定がないウランの一部を手放す方向となったとみられる。  資金繰りに苦しむ東京電力も保有するウランの売却が可能かどうか検討している。ウランは原発の運転に不可欠で調達先も限られており、電力会社が売却するのは異例。原発停止の長期化で経営が追い詰められている実態が浮き彫りになった。  日本原電は売却先などを明らかにしていない。 2013/02/20 19:51 【共同通信】  一気には進まないだろうが、こうして一歩一歩脱原発へと進んでいくのだろう。

|

« 除染(=汚染移動)ではなく移住 | トップページ | 先行きにどんな見通しがあるのだろうか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156467/58087447

この記事へのトラックバック一覧です: ウラン売却――脱原発への一歩:

« 除染(=汚染移動)ではなく移住 | トップページ | 先行きにどんな見通しがあるのだろうか »