« 雪はたいしたことがなくよかった | トップページ | 人気取り……それなら政府や東電の責任追及・追求を »

2013年2月 7日 (木)

入試日和

 今日、7日は朝8時前に家を出て横浜キャンパスに出かけた。入学試験の当番、いわゆる試験監督にあたるためだ。何年か前から、体調不良などの理由以外では途中退出ができなくなったこともあるのだろう、見ていると時間ギリギリまで答案の検討を続ける受験生が目立った。もうひとつ近年の傾向として感じているのは、欠席が非常に少ない、ということだ。それは掛け持ち受験が減っていることが大きく、僕の勤務校の入試までに、どこかの合格を獲得した受験生が少ないということだろう。  どの受験生も、一生懸命試験問題と取り組んでいた。その静かな熱気と、若者の若いエネルギーという物理的・肉体的熱気で、僕も元気になった。朝は横浜駅からタクシーで行ったが、帰りはアップアンドダウンの道を15分ほどの早歩きで最寄り駅まで受験を終えた若者と一緒に向かった。快適だった。

|

« 雪はたいしたことがなくよかった | トップページ | 人気取り……それなら政府や東電の責任追及・追求を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156467/58087433

この記事へのトラックバック一覧です: 入試日和:

« 雪はたいしたことがなくよかった | トップページ | 人気取り……それなら政府や東電の責任追及・追求を »