« 平和公園(長崎)にエスカレーターーー歩くのはやめよう | トップページ | 人は誰しも間違うことがあるのだが…… »

2013年1月31日 (木)

楽しくなければ強くなれない

 練習はつらい、もうやめたい、と思うことがある。試合でも、予選を通過し、次の準決勝進出を決めても、もうへとへとで棄権だ、と思ったりする。それでも実際には準決勝に出るのだ。それは監督に言われて無理矢理ではなく、自分でもっと強い人と走り、もっとよい記録を出そうと考えるからだ。楽しく、強い人と競うとそれなりによいタイムがでる。  力ずくで追いまくられても、当人がその気にならないなら、よい記録は出ない。監督の仕事は、当人をその気にさせることだ。監督やコーチにとってもっとも重要なのはコミュニケーション能力であり、説得力だ。その意味で天才的プレーヤーで、監督としては不成功という例も出てくる。天才だと、その気になる、つまり開花の時期というのが特になく、最初から開花のコースを全力疾走しており、その気になる、スイッチが入る、という瞬間を経験していない。そのため、選手をスイッチオンへ導くことがうまくいかない、ということなのかもしれないと思っている。  もちろん、天才的プレーヤーで、後に名将と言われる監督となった人もいる。天は二物を与えることもある。いいな。

|

« 平和公園(長崎)にエスカレーターーー歩くのはやめよう | トップページ | 人は誰しも間違うことがあるのだが…… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156467/58087426

この記事へのトラックバック一覧です: 楽しくなければ強くなれない:

« 平和公園(長崎)にエスカレーターーー歩くのはやめよう | トップページ | 人は誰しも間違うことがあるのだが…… »