« 大きな政府――水ぶくれを進める自民党政権 | トップページ | 分かっちゃいるけど、なんだろうな »

2013年1月 9日 (水)

すばらしい記事だ――中国の新聞

 今日、9日の「長崎新聞(共同通信配信」に心が熱くなる記事を見つけた。以下がその見出しと記事の全文だ。 南方週末支持を暗示 中国紙、グルメ記事で(01/09 18:53)  【北京共同】中国広東省の地元紙、南方週末の記事が当局に改ざんされた問題に絡んで、9日付の北京の有力紙、新京報はグルメ記事で「南方週末」と中国語の発音が似ている「南方的粥」(南方のおかゆ)を取り上げた。「南方の大地からやってきた」「(アツアツのおかゆは)勇敢な心のようだ」などと紹介しており、南方週末への支持を暗示したものとみられる。  記事では「今年はここ数十年で最も寒い冬」などと記し、報道規制を強める当局への批判を示唆。新京報はそのほか、「南方に暖房を提供しよう」というテーマでインターネット上の声を紹介するなど意味深な紙面作りとなっている。 http://www.nagasaki-np.co.jp/f24/CO20130109/wo2013010901001393.shtml  かつてこうした、隠し味の効いた記事はソ連や東欧の新聞で見ることができたが、民主化が進み、いろいろ書けるようになると、こうしたすばらしい記事は少なくなってきた。それは見方によるが、報道の質が低下、報道する側の気のゆるみを示しているのかもしれない。しかし中国はまだまだその域に達しておらず、こうした風刺のトゲのある記事を書ける記者、それを掲載する新聞が存在するということのようだ。

|

« 大きな政府――水ぶくれを進める自民党政権 | トップページ | 分かっちゃいるけど、なんだろうな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156467/58087403

この記事へのトラックバック一覧です: すばらしい記事だ――中国の新聞:

« 大きな政府――水ぶくれを進める自民党政権 | トップページ | 分かっちゃいるけど、なんだろうな »