« 安倍総裁、軽いのは口だけ? | トップページ | 一番戦争したくないのは軍人ーー政治の役割 »

2012年12月21日 (金)

東北ボランティア駅伝

 僕の担当する講義は昨日、20日に終わったが、帰りのバスを待っていると旅支度の学生数人に会った。アノラックなど十分な防寒対策をした服装で、小さめの旅行鞄を持っていた。どこに遊びに行くんだと聞くと、岩手県まで震災復興のボランティアに行ってきます、ということだった。僕はそうか、また行くのと答えた。  彼らは昨年も今頃、僕が勤務する大学が組織し、毎週学生が駅伝式に交代で行くボランティアに行っていた。この寒い時期、現地での楽しみのひとつは、1日の終に入る風呂だと言っていた。この年末、1日働いた後の風炉のありがたみは格別だろう。  最初は現地に行くことをためらっていた学生も、一度いくと何人かは二度三度と行くようだ。昨日出会ったのはそういう学生たちだ。彼らは学校でも、楽しそうに遊びまた勉強もしている。今度の東北行きも彼らにとって新しい実り多い出会いがあるよう願っている。学校では、キャンパスでは得られないものがボランティアでは得られる、経験できるようだ。教師の力などはそのボランティアの「効能」の比べれば小さなものだ。

|

« 安倍総裁、軽いのは口だけ? | トップページ | 一番戦争したくないのは軍人ーー政治の役割 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156467/58087381

この記事へのトラックバック一覧です: 東北ボランティア駅伝:

« 安倍総裁、軽いのは口だけ? | トップページ | 一番戦争したくないのは軍人ーー政治の役割 »