« 三分の一が経過 | トップページ | 親族への角膜移植――公平って何? »

2010年5月21日 (金)

デジタル化と図書館

デジタル端末で本が読める。便利な面ばかりを考えていたが、図書館はどうなるのだろう。新聞がネットとの競争で四苦八苦していることからすると、今後図書館はどうなるだろう。

図書館では机に端末が備え付けられ、デジタル化された本を読むのだろうか。館外貸出しはどうなるのだろうか。その際のコピーガードはどうなるだろう。

デジタル図書館だと、図書館の本のページを破る、という野蛮な行為はなくなる。自宅に端末のない人は、データを借り出しても、読めない。今は一家に1台程度PCがあるから、自宅でデータとして起こし、「本」を読むことは容易なのかな。

|

« 三分の一が経過 | トップページ | 親族への角膜移植――公平って何? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156467/48420146

この記事へのトラックバック一覧です: デジタル化と図書館:

« 三分の一が経過 | トップページ | 親族への角膜移植――公平って何? »