« 親族への角膜移植――公平って何? | トップページ | 今思う、民主党が勝ったのではなく自民党が見捨てられたのだ »

2010年5月23日 (日)

巣鴨とげ抜き地蔵

今日、23日は朝から家を出て、巣鴨に行った。目的地はとげ抜き地蔵ではなく、墓参りだ。境内には千葉周作の墓や本因坊の墓を持つ寺だ。

そこに2年前になくなられた漢法(漢方ではない)の伊沢凡人先生が眠っておられる。それで有志10数人で出かけた。墓参後、会食をした。

伊沢先生の漢法では、排便は重要な課題であり、食事中皆で排便、どんな弁が健康かという話で盛り上がった。皆嬉々としてバナナのようなのがよい、水に浮くものがよい、そばと同じでつなぎが必要で長いものがよい、などとウンチクをかたむけた。あっという間の4時間だった。

|

« 親族への角膜移植――公平って何? | トップページ | 今思う、民主党が勝ったのではなく自民党が見捨てられたのだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156467/48441727

この記事へのトラックバック一覧です: 巣鴨とげ抜き地蔵:

« 親族への角膜移植――公平って何? | トップページ | 今思う、民主党が勝ったのではなく自民党が見捨てられたのだ »