« お荷物厚労省 | トップページ | 寒い一日 »

2009年11月16日 (月)

虚大科学を検証する会、旗揚げ

昨日、15日、地震学者、島村英紀さんの「地震予知ができないと主張してきた地震学者は、なぜ国策逮捕されたか」の講演会で、虚大科学を検証する会は発足した。

これから、僕自身も虚大科学の実態を暴く研究・調査を進め、発表していく。昨日の講演のキーワードの一つは「国民を人質」だった。

人のため、国民のため、というのが虚大科学の決まり文句だ。少しずつ、自分のために研究・調査を進めていこう。

|

« お荷物厚労省 | トップページ | 寒い一日 »

コメント

はじめましてこんにちは。私は地震に興味があって調べて行くうちに日本に原発55基、何もなくても放射能を垂れ流す再処理工場の存在を知ってから日本の原子力政策はおかしいんじゃないのか。異議を唱える立場のものです。調べていくうちに原子力に関わらず、どうもこの国の仕組み自体が限界なのではないだろうかと懸念しております。

「虚大科学を検証する会」は現在どのような方がおられて、今後どう言う活動をされていくのか、もし宜しければ具体的に教えていただけたら幸いです。

投稿: さかなちゃん☆ウクレレ | 2009年11月19日 (木) 12時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 虚大科学を検証する会、旗揚げ:

« お荷物厚労省 | トップページ | 寒い一日 »