« 地震予知学者の化けの皮を剥ごう | トップページ | きっといい先生・監督なんだろうな »

2009年8月13日 (木)

地震学者は何を考えているだろう

今朝、13日朝も、マグニチュード6.6の地震があった。震源は八丈島附近の海底で、深さは57キロ。

気象庁は相変らず、東海地震とは無関係、と発表している。本当だろうか。

9日夜、11日早朝、13日朝、と連続して比較的規模の大きい地震が続いている。不気味だ。このまま収束してもらいたいものだ。

|

« 地震予知学者の化けの皮を剥ごう | トップページ | きっといい先生・監督なんだろうな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地震学者は何を考えているだろう:

« 地震予知学者の化けの皮を剥ごう | トップページ | きっといい先生・監督なんだろうな »