« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月30日 (金)

遺棄化学兵器:「産経」のスクープ? 羊頭狗肉?

「産経」のサイトに行ったら以下の記事に出会った。

 

防衛研究所で「化学兵器中国で遺棄」覆す文書見つかる
11.30 20:58
終戦後、中国大陸で旧日本軍が化学兵器を中国側に引き渡したことを示す文書が、防衛省防衛研究所などに保管されていることが分かった。日本軍が中国で遺棄したことを前提に進められている遺棄化学兵器処理事業は見直しを迫られることになりそうだ。
 この事実は、防衛省の関係団体「財団法人ディフェンスリサーチセンター」が外務省の依頼で行った調査資料の中から、ジャーナリストの水間政憲氏が見つけた。調査資料は今年1月、外務省に報告されているが、中身は公表されていない。
 それによると、防衛研究所には、「支那方面艦隊引渡目録」と書かれた3点の文書が保管され、いずれも、引き渡した時期、場所、日本側と中国側の責任者名、品目などが記されている。
 
例えば、昭和21年1月18日の文書では、引き渡し場所は「上海地区」、日本側責任者は上海海軍特別陸戦隊「海軍中尉 古田小作」、中国側(国民政府)は 中国海軍陸戦隊「海軍中尉 陳永禄」、品目は「手投涙弾(催涙弾)二一四〇個」とある。他の2点も、引き渡された品目は「手投涙弾」だ。
 手投涙弾は通称「みどり」とも言われた非致死性の兵器だが、遺棄化学兵器の処理を求めた化学兵器禁止条約(1997年)に伴う日中覚書(99年)では、日本が全額負担して廃棄すべき遺棄化学兵器に含まれた。

 

記事が述べる「文書」を見ていないので断定的なことは言えないが、「みどり」は当時の日本軍も国際法違反ではないと判断していた。そのため武器引渡しの文書にも登場するのだろう。

なぜ違法ではない「みどり」を「遺棄兵器」として処理するのだろう。その理屈は、違法である糜爛剤などの「きい」と一緒に埋設されており、地中で「きい」剤などの正真正銘の化学剤で汚染されている可能性があるためだ。「みどり」も無毒化処理するのは、それが目的ではなく、「汚染」の可能性の結果である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日)

自滅‐民主党と与党の情報操作

小沢代表が辞任するらしい。以下は「産経」の速報。

小沢氏、党代表辞任の意向
11.4 14:04
 民主党の小沢一郎代表が党代表を辞任する意向を固めたことが4日、分かった。小沢氏は同日夕、都内の党本部で会見する。小沢氏は10月30日と今月2日の2回にわたって福田康夫首相と会談。2日の会談では、首相から連立政権に向けた協議の打診を受けた。小沢氏は民主党役員会に諮ったが、「政権交代が目的であり、政権に入ることが目的ではない」などと反対を受けて、首相の提案を拒否。民主党内からは首相と2人だけの会談に応じた小沢氏への批判が出ていた。
http://sankei.jp.msn.com/

テレビの速報だと、4時から記者会見だそうだ。

これは自滅だよ。さてさて、これで民主党は分裂で、自民党は参院でも過半数どころか、3分の2を超えるのだろうか?

以下は、4日、午後8時に追加:
以下は「産経」の記事の一部だ。

小沢氏、党代表辞任を表明 「中傷報道に強い憤り」
2007.11.4 17:01
(
途中省略)
小沢氏は党首会談をめぐる報道について、「朝日新聞と日経新聞等を除き中傷報道を行った。強い憤りを感じるものだ」などと述べ、マスメディアの報道姿勢を批判した。
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/071104/stt0711041646004-n1.htm

この部分は「朝日」が伝える「記者会見全文」では次のようになっている。少し長いが重要な言葉なので引用する。

小沢氏「混乱にけじめ」 「報道に憤り」とも 会見全文
200711041848
(途中省略)
私の方から党首会談を呼びかけたとか、私が自民、民主両党の連立を持ちかけたとか、今回の連立構想について、小沢首謀説なるものが社会の公器を自称 する新聞、テレビで公然と報道されている。いずれもまったくの事実無根。党首会談、および会談に至るまでの経緯、内容について、私自身も、そして私の秘書 も、どの報道機関からも取材を受けたことはなく、取材の申し入れもない。
 それにもかかわらず事実無根の報道がはんらんしていることは、朝日新聞、日経新聞を除き、ほとんどの報道機関が、自民党の情報を垂れ流 し、自らその世論操作の一翼を担っているとしか考えられない。それによって、私を政治的に抹殺し、民主党のイメージを決定的にダウンさせることを意図した 明白な中傷であり、強い憤りを感じる。
 このようなマスメディアのあり方は、明らかに報道機関の役割を逸脱しており、民主主義の危機であると思う。報道機関が政府与党の宣伝機関と化したときの恐ろしさは、亡国の戦争に突き進んだ昭和前半の歴史を見れば明らかだ。
 また、自己の権力維持のため、報道機関に対し、私や民主党に対する中傷の情報を流し続けている人たちは、良心に恥じるところがないか、自分自身に問うてもらいたい。
 報道機関には、冷静で公正な報道に戻られるよう切望する。http://www.asahi.com/politics/update/1104/TKY200711040096.html

小沢の言う「中傷報道」を行った中心は「産経」と「読売」だと思うが、中傷は単なる中傷ではなく「自民党の情報を垂れ流 し、自らその世論操作の一翼を担っているとしか考えられない。それによって、私を政治的に抹殺し、民主党のイメージを決定的にダウンさせることを意図した 明白な」中傷だった。

問題は報道機関が権力、この場合政権与党の自民党の情報操作に協力した、正否も確かめず一方の情報を垂れ流した、ということだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »