2019年5月 7日 (火)

平成という時代

 30年の間、大きな災害や事件はあったが、日本人が犠牲となるあるいは他国民を殺傷する戦争はなかった。戦争がない分だけ、天変地異や人災が目につくということだったかもしれない。

 30年間を俯瞰する意味でこの間のGDPの推移を示すグラフをここに貼り付けようとしているのだが、うまくいかない。なぜだ?

1gdp Gdp 

 試行錯誤しているうちになんとかなった。この出典は「主要国のGDPをグラフ化してみる(最新) - ガベージニュース

 今度はこれを見ようと思うのだけど、PCプレビューが機能しない。

| | コメント (0)

2019年4月16日 (火)

日本は世界一冷たい国・社会なんだ

 Yahooニュースの「プレジデントオンライン」の記事だ。とてもわかりやすい。

東大祝辞の核心「日本は世界一冷たい国」

4/16(火) 9:15配信

 

 記事があげている具体的データを以下に引用する。

  •  2007年のアメリカのピューリサーチセンターの調査によると「国は貧しい人々の面倒を見るべき」という考えに対し、同意すると答えた人は、イギリス91%、中国90%、韓国87%、アメリカ70%であったのに対し、日本は47カ国中、最低の59%だった。
  •  イギリスのチャリティー団体Charities Aid Foundation(CAF)が、人助け、寄付、ボランティアの3項目についての評価を各国別にまとめて発表する世界寄付指数(World Giving Index)。その2018年の調査では日本は144カ国中、128位だった。項目別でみると、
    • Helping a stranger(他人を助けたか)142!! (つまり下から3番目)
    • Donating money(寄付をしたか)99
    • Volunteering time(ボランティアをしたか)が56位

 筆者は「多くの人が持っている、人の役に立ちたいという『Give』の思いが行き場を失っている。閉じ込められた思いを解き放ち、生かし、活力に変える教育や仕組みづくりを急ぐべきではないだろうか」と述べ文を閉じている。それはどんな仕組みなのか、考えよう。

| | コメント (0)

2019年4月12日 (金)

ヤブヘビ:放射能汚染食品の強制

 これこそまさに、ヤブヘビだ。正確には藪をつついて蛇を出す、というようだ。

WTO逆転敗訴 安全性を立証しようとの日本政府の狙い裏目に

4/12(金) 10:53配信  「毎日新聞」

 世界貿易機関(WTO)の紛争を処理する上級委員会は11日(日本時間12日未明)、韓国が東京電力福島第1原発事故後に福島など8県産の水産物の輸入を全面禁止しているのはWTO協定のルールに違反するとした1審の判断を覆し、日本は逆転敗訴した。勝訴をテコに輸出拡大を図ろうとしていた日本政府への打撃は大きい。一方、韓国は禁輸を継続する方針を示した。


 河野太郎外相は12日、「主張が認められなかったことは誠に遺憾だ」との談話を発表。さらに「韓国に対して規制全廃を求める立場に変わりはない」と2国間協議を呼び掛ける考えを示した。

 吉川貴盛農相は12日の記者会見で「復興に向けて努力してきた被災地を思うと誠に遺憾」と述べた。そのうえで「日本の食品の安全性を否定したものではない」と強調した。

 菅義偉官房長官は12日午前の記者会見で、「日本産食品は科学的に安全との1審の事実認定が維持されている」としたうえで「敗訴したとの指摘は当たらない」と語った。

 一方、韓国外務省は12日、「現行輸入規制措置は維持され、日本の8県全ての水産物に対する輸入禁止措置は継続される」との政府見解を発表した。

 1審の紛争処理小委員会(パネル)は昨年2月、韓国による輸入規制は「差別的」かつ「必要以上に貿易制限的」でWTOルールに違反するとした日本の主張をおおむね認め、韓国に是正を勧告していた。これに対し、上級委は「パネルは製品サンプル中の(放射性物質の)実測値のみに基づいて安全性を調査している」として議論の過程に問題があったとの見解を示した。さらに「WTOでは食品の安全性について科学的証拠が不十分な場合、暫定的に規制を認めている」との韓国の主張に対し、日本は反論しなかったとも指摘した。

 WTOの紛争処理手続きは2審制。上級委は最終審に当たる。30日以内にWTOの全加盟国会合で採択され確定する。

 韓国は2013年、東電の汚染水流出問題をきっかけに規制を強化。青森、岩手、宮城、福島、茨城、栃木、群馬、千葉の8県産の水産物の禁輸対象を一部から全てに拡大した。日本は「科学的根拠がない」と15年にWTOに提訴。日本が1審で勝訴した後、韓国は昨年4月に上訴していた。日本はWTOを通じて安全性を立証しようとしたが、裏目に出た形だ。

 原発事故後、一時は54カ国・地域が日本産食品の輸入を規制した。現在も23カ国・地域で続いている。【加藤明子、ソウル堀山明子】

 放射能汚染のされた食品を放置している政府はこの判決をふまえて、国民の健康のための「規制」をしっかりしてもらいたいが、できないだろうな。辛いな。

 自衛するしか道はない。一定年齢以下の人は危険と思えるものは口にしないことだ。また親の責任として、子供には危険な食品を与えないことだ。

| | コメント (0)

2019年4月 9日 (火)

久しぶりの長崎、楽しかった

 1年ぶりに長崎に行った。土曜日から3泊4日。何か特別なことをしたわけではないが、街を歩き空気を吸うだけで楽しかった。

 皿うどんを食べたり、ホテルの部屋でぼーっと外を眺めたり、月曜日は終日快晴で、多分中国便だろう、上空に飛行機雲がきれいに見えた。飛行機雲は夕方は東へ向かう、つまり帰国便の雲が何本も見え、飽きることがなかった。朝は西行きが多かった。

| | コメント (0)

2019年4月 3日 (水)

財経新聞11

 最近、「財経新聞」の記事に教えられることが多い。以下もそうだ。

安倍政権の「目標」を隠れ蓑とする「公約違反」を考える

2019/4/3 11:57

©株式会社財経新聞社

ぜひ読んでもらいたい。

| | コメント (0)

2019年4月 2日 (火)

一気に暖かくはならない

 先週末くらいから気温が低い日が続いている。その前が暖かすぎたので寒く感じるのか、それとも平年より低いのか。

 都内の桜は一昨日あたりが満開だったようだが、この寒さで散らずに、今週末も楽しめるかもしれない。そうであればこの程度の寒さは我慢できる。

 桜の季節は僕にとっては花粉に悩まされる時期だ。日中の外出は避けて、朝と夕方出歩くようにしている。

| | コメント (0)

2019年4月 1日 (月)

新年度

 新年度の初日に、新しい元号が発表になった。役所以外に使うところはあるのだろうか。

 相変わらず、ココログにダイレクトにログインできない。

| | コメント (0)

2019年3月31日 (日)

写真展に行った

 世田谷美術館で開催中の「田沼武能写真展 東京わが残像1948-1964」を見てきた。映像は東京の下町、そして登場人物の多くは子どもだ。48年、僕は5歳。何か自分の生い立ちを見ているような感じだった。当時のことはほとんど忘れており、思い出すことが多かった。

 写真で面白かったのは、被写体に建築・建設中の建造物が多かったことだ。この辺りが田沼の非凡な眼なのだろうなと感じた。

| | コメント (0)

2019年3月29日 (金)

相変わらずココログに直接ログインできない

今回もメール経由でのログイン。それからウエッブ投稿を試したがうまくいかない。

| | コメント (0)

2019年3月27日 (水)

直接ログインできない

 ココログのログイン画面でIDとパスワードを入れてエンターを押すとnot……となる。niftyのサイトに行き、そこでログインして、そこからココログに入っている。いつまでこうしたトラブルは続くのだろう。

  行間の間延びはどうだろう。今プレビューで見た感じはOKだ。さて、実際にはどうかな。

| | コメント (0)

«行間が間延び