2021年11月 4日 (木)

日本はもはや先進国ではない現実を認識しよう

数日前のNHKニュースに違和感を覚えた。「危機は、終わったのか」(2021年11月2日 17時36分)である。(https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211102/k10013331531000.html)

その一部で「苦境の新興国」について報じていた。そこで 使われたのが以下の表だ。

Photo_20211104174501 

そして「資金のアメリカ回帰につながり、ドル高を生んでいる。裏を返せば、新興国では通貨安が進んでいる。通貨安は、輸入品の価格高騰などを通じて新興国の経済を混乱させるおそれがある」。

同じことは日本で起きている。以下は2021年には入ってからの円の対ドルおよび対ユーロレートだ。

Photo_20211104175401

https://www.77bank.co.jp/kawase/usd2021.html

円は対ドルで9%以上の下落、対ユーロで4%弱の下落だ。この影響はすでに食料品や日用品価格、さらには公共料金の値上げという形で僕たちの生活を直撃している。

通貨安は、新興国の苦境であると同時に、もはや先進国ではない日本の市民の苦境を招いている。

この記事を書いた記者は、日本の現状をどう見ているのだろう。

| | コメント (0)

2021年10月19日 (火)

ミサイルが暴露した岸田内閣のお粗末な危機管理体制

19日朝、北朝鮮がミサイルを日本海にむけ発射し着弾したらしいというニュースが流れた。

総理大臣官邸が官房副長官をヘッドに情報収集に当たっている、と報道された。それで分かったのは、首相も官房長官も都内にいなかった、ということだ。今日は総選挙の公示日で選挙活動のため、2人とも都外だった。常にどちらか一方が都内に残るのが鉄則だが、総選挙ごときでその鉄則を破るとは。岸田内閣の危機管理意識の希薄さを示している。

この内閣いつまでもつのだろう。

| | コメント (0)

2021年10月15日 (金)

1ドルが114円になって楽天電話を考える

今日、15日、$1=¥114になった。113円に戻せるかどうか。

失われた30年、その中身を考える手がかりに科学や技術、イノベーションなどがあるだろう。バブルの頃は過剰品質の問題があった。しかしそれは「あった」のか、今も残っているのではないか。日本の携帯電話の料金の高さは、バブルの頃の料金設定の名残だ。

なぜ日本では音声通話に関して固定電話の電話料金と携帯電話の料金が別のシステムなのか。僕は公衆電話が少なくなったために携帯電話を持ったが音声通話にしか使わなかった。電話番号も家族以外に教えていなかった。しかし3Gが使えなくなるということで、楽天の携帯電話にした。機器は1円で買った楽天ミニ、国内通話は楽天Linkで無料。通話以外の利用は歩数計だ。通常は電源を切っており、電源を入れるのは電話をする時と、外出時自宅からの電話を受ける可能性がある時、それに散歩で歩数計を使う時だ。

| | コメント (0)

2021年10月11日 (月)

1ドルが112円になった

10月11日午後5時43分、1ドルが112円88-90銭だ。2週間で1円以上円安だ。このままじわじわ進むだろう。115円くらいまでいくだろうか。そうすると日常生活に影響が出そうだ。

| | コメント (0)

2021年10月 4日 (月)

新政権に日本再生はできるのかなぁ

先月から散発的に、20世紀末から今日まで日本は長期低落過程にあることを書いてきた。今日の『日本経済新聞』の社説は、日本には「再生」措置が必要だと書いている。以下がそのタイトルだ。

[社説]新政権は日本再生への道筋を示せ——岸田新政権(2021年10月4日 19:00)

今の自公政権に、日本が国際的に取り残されて久しい、という認識はあるのだろうか。その認識がなければ、再生の道筋など示すことはできない。

| | コメント (0)

2021年10月 3日 (日)

賃下げを強いたアベノミクス(アホノミクス)

『東洋経済』の記事が明快だ。「アベノミクスの本質」をこうまとめている。

日本の賃金は、OECDの中で最下位グループにある。アメリカの約半分で、韓国より低い。同様の傾向がビッグマック指数でも見られる。

ところが、アベノミクス以前、日本の賃金は世界第5位だった。その後、日本で技術革新が進まず、実質賃金が上がらなかった。そして円安になったために、現在のような事態になったのだ。円安で賃金の購買力を低下させ、それによって株価を引き上げたことが、アベノミクスの本質だ。

東洋経済オンライン (10/3(日) 8:01配信)https://news.yahoo.co.jp/articles/1fefc2771cc2026c48403d8c7991f189e8ab1b62

株の値上がりは、働く人々の低賃金の犠牲の上に成り立っているバブルなのだ。

| | コメント (0)

2021年9月29日 (水)

円安に向かっている?

今週の月曜日、9月27日から1ドルが111円になっている。現在、29日10時50分現在は、111.56-58円である。

為替レートはその国の経済的な国力を示すので、今後さらに下落する可能性が高い。そうなると食料をはじめとする輸入品の国内価格が上がることになる。日本の食料自給率の低さを考えると、輸入食品に頼らない食生活が可能なのは一部のセレブに限られている。

ファミリーレストランやコンビニの食料品の価格の低さは輸入品が可能にしている。コンビニなどはどこまで円安による輸入食材の価格上昇に耐えられるだろう。

| | コメント (0)

2021年9月25日 (土)

クアッド、日米豪印4ヶ国

クアッドの日本以外の3ヶ国は英語が公用語だ。フランスへの潜水艦建造キャンセルでその存在が露わになった豪英米のAUKUS(オーカス、A-UK-US)は共通語が英語だ。

今朝TV中継でクアッドの様子を見たが、日本の首相だけが発言中もイヤホンをつけている映像だった。他の3ヶ国は日本の首相の発言中はイヤホンをしているのだろうが、それは映らない。イヤホンをつけたまま発言していると、誰かの指示を受けながらの発言、と誤解されることはないのだろうか。

| | コメント (0)

2021年9月23日 (木)

感動を求める日本

何かにつけて「感動」を求める日本、という思いがある。感動や絆を押し付けられ、うっとうしい感じがある。

感動や絆の押し付けは、日本の国力が衰退し、国民一人ひとりが虚しさを感じていることの裏返しか、それを察知している権力の陰謀か、などということを考えている。

僕の邪推かあるいは思い過ごしか。僕が感動するのは空の美しさや海の色など、自然現象に対してで、皆で盛り上がることはなく、自分1人でしみじみ美しさを堪能している。

| | コメント (0)

2021年9月22日 (水)

1人の個人としての幸福?

人は1人では生きられない。昨日見た幸福度は社会が「人間を幸福にするシステム」を備えているかどうか、ということだ。

『人間を幸福にしない日本というシステム』という本の慧眼を改めで感じた。

| | コメント (0)

«幸福度